堕胎手術で女性死亡…「医療事故の当事者」が絶対にすべきこととは?

source:https://www.shutterstock.com/
source:https://www.shutterstock.com/

武蔵野市の病院で母体保護法上の指定医師でない医師による手術を受けた女性が死亡した事故報道に触れ、前回は、「このような病院は危険かも!?」という病院の特徴を挙げました。

不幸にも親族が手術後に死亡してしまったとき、残された親族は、「手術を受けさせなければよかった」、「違う病院に行っていたら結果は違ったかも」などと自分を責めてしまったり、また、「何らかの事故があったのではないか。なぜ死亡してしまったのか原因を知りたい。」と思ったりするでしょう。

今回は、医療機関での手術や診療に関して医療に起因する死亡事故があった、またはその疑いがある場合、残された遺族は“何ができるのか”について解説したいと思います。

%e6%9c%a8%e5%b7%9d

LINEで送る