昔とは違う!「現代の嫁姑問題」と離婚危機を招く夫のNG言動5つ

source:http://www.shutterstock.com/

いつの時代でも無くならない“嫁姑問題”ですが、近年の嫁姑問題は、祖母や母親世代の問題とは少し性質が違ってきています。

嫁姑問題は、嫁と姑“2人だけ”の問題ではないということを、当事者以外の家族、特に“夫”が認識する必要があるのです。

そこで今回は、6,000件以上の夫婦問題を解決に導いてきた筆者が、“嫁姑問題で離婚の危機に陥らないための夫の役目”についてお伝えします。

 

今と昔の嫁姑問題の違い

祖母や母親の若い頃の話の中で、「若い頃は、姑に散々いじめられたよ」「姑が厳しい人で苦労したわ」など、嫁いでからの苦労話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

今でさえ少しずつ、男女平等という考え方が浸透してきていますが、その頃の日本では“女より男の方が偉い”、“嫁は口を出すな”というような、いわゆる“男尊女卑”が当たり前の世の中でした。

その時代の嫁姑問題は、“嫁だけ食事のメニューが違う”とか“コキ使われる”など、今で言うイジメに該当するような内容だったと感じます。

しかし近年では、同居しているわけでもないのに、姑が夫婦のことに“干渉”してきたり、“無神経な発言”を繰り返したりすることで、嫁と姑の関係が悪化してしまうケースが目立ちます。

 

LINEで送る