赤ちゃんに「歯みがき粉」は使っても大丈夫?歯科医ママが解説

source:https://www.shutterstock.com/
source:https://www.shutterstock.com/

赤ちゃんの歯みがきをしていると、そのまま歯磨き後にうがいができない上にゴクンと飲み込んじゃったけど大丈夫!? と心配になったことはありませんか?

むし歯予防のために歯磨剤を使いたいと思っているママとしては、大丈夫なのかどうか知りたいですよね。

今回は、ズバリ、むし歯予防のために赤ちゃんにも歯磨剤を使いたい、だけど歯磨き粉を飲んじゃうという点について解説していきます。

%e9%80%b2%e8%97%a4%e3%82%86%e3%81%8d%e3%81%93

 

歯磨き粉を飲んじゃっても大丈夫?

赤ちゃんはうがいができません。歯磨き後の吐き出しもうまくできないことが多いです。

では、うがいができない赤ちゃんは、歯みがきのたびに、歯ブラシにつけた歯磨剤を飲んでしまっても大丈夫なのでしょうか?

答えは、使う量・使う頻度・フッ化物の濃度・歯磨剤のタイプをきちんと赤ちゃん用に守った場合、ごく少量飲み込んでしまっても大丈夫と考えられています。

 

最近は赤ちゃん用の歯みがきジェルや泡状、スプレータイプがたくさん出ています。これらは、赤ちゃんが吐き出しやうがいができないことを前提に作られています。

ただし、どんな使い方をしてもよいというわけではない点を覚えておきましょう。

 

ママやパパが1番心配されるのは、歯に白斑などが生じる“歯のフッ素症”だと思います。

特に永久歯の前歯が歯のフッ素症にかかりやすい臨界期は1歳~3歳と言われています。この時期にフッ化物の過剰摂取にならないように注意が必要です。

 

吐き出しのできない1歳〜3歳未満が安全に使うためのポイントを次に解説していきます。

 

歯みがきの際に飲み込んでしまっても安全な赤ちゃん用歯磨剤の選び方

1歳〜3歳未満で歯みがき後のうがいや吐き出しができない場合でも、安全に使えるポイントをピックアップしました。

(1)研磨剤の入っていないジェル・泡状・スプレータイプをセレクト

吐き出しやうがいができない場合、研磨剤も一緒に飲み込んでしまう恐れがあります。

そのような小さな子どもでも安全に使えるように、近年ではジェルタイプや泡状、スプレータイプの歯磨剤が販売されています。

練り歯磨きのように、研磨剤が含まれているものは、うがいができるようになってから使いましょう。

 

(2)フッ化物の濃度は500ppm以下(泡状は1000ppm以下)

6歳未満の子どもの場合、フッ化物濃度は500ppmで十分だと言われています。

歯のフッ素症を1番気をつけるべき年齢にも相当するため、歯磨剤のフッ化物濃度をチェックしてから購入しましょう。

 

6歳未満で「フッ化物配合歯磨剤」を安全に使うポイント

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

(1)絶対に子どもの手の届かない場所に保管する

赤ちゃん用の歯磨剤は甘い風味で小さな子どもはペロペロと舐めてしまったり、飲み物と間違える危険性があります。

子どもが登ったりしても届かない場所に保管し、歯磨きの際も子どもが手にしないように細心の注意を払うようにしましょう。

 

(2)大人や6歳以上の子どもと同じ歯磨剤を使わない

赤ちゃんが安全に使えるフッ化物の配合濃度は500ppm以下です(泡状歯磨剤ならば1000ppm以下)。

一般的に6歳以上の子どもが使ったり大人が使う歯磨剤には900〜950ppmくらいのフッ化物が配合されています。これを赤ちゃんやうがいができない子どもに使うのはやめましょう。

また、うがいができない場合、研磨剤を含まないジェルタイプや泡状、液体(スプレータイプ)を選びましょう。

 

(3)歯ブラシにつける量を月齢ごとにきちんと守る

厚生労働省のe-ヘルスネットでは、フッ化物配合歯磨剤の使える量が記載されています。

●歯の萌出〜2歳(仕上げ磨きに保護者が行う)

切った爪程度の少量で、歯磨剤のフッ化物濃度は500ppm(泡状ならば1000ppm)

●3〜5歳

5ミリ以下で、歯磨剤のフッ化物濃度は500ppm(泡状ならば1000ppm)

 

(4)3歳未満は1日1回の使用に留める

3歳未満では1日1回、3歳以上で1日2回(就寝前と他1回)と使用頻度にも気をつけましょう。

 

(5)2歳頃から歯磨き後のうがいや吐き出しを教えてあげる

吐き出しができないうちは、心配であれば歯磨き後に歯磨剤をティッシュなどで拭き取るのもいいでしょう。

2歳頃からだんだんと洗口できるように少しずつ練習していきましょう。

 

いかがでしたか。

歯磨剤は規定に従って使えば、安全に赤ちゃんでも使うことはできます。安全に使うためにも、ポイントを守ってくださいね。

くれぐれも、歯ブラシの端から端までたっぷりと歯磨剤をつけないようにしましょうね!

 

【参考・画像】

フッ化物配合歯磨剤ー厚生労働省

子どもたちの口と歯の質問箱ー日本小児歯科学会

歯磨き(フッ素含有)ー日本中毒情報センター

歯磨き(フッ素非含有)ー日本中毒情報センター

フッ化物ー歯とお口のことなら何でもわかるテーマパーク8020

※ svetkor, Lifebrary / shutterstock

【関連記事】

※ 香取慎吾の顔変形、歯のトラブル放置が原因…!? 「 乳歯の時期にケアが必要」な理由3つ

※ 歯科医ママが教える!子どものむし歯予防のための歯磨き粉の選び方

※ もう抜いちゃダメ!太くてしぶとい「白髪」のNG対処法

ハンドクリームが髪に効く!? 秋冬に「美髪」を保つ4つのポイント

※ 1台3役の空調家電!ママたちが大絶賛のマストアイテムはこれ♡(PR)

※ 【医師監修】加湿器が「バクテリア」をバラまく?今すぐ見直すべき冬の保湿対策(PR)

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

%e3%80%90%e7%99%bd%e9%ab%aa%e6%8a%9c%e3%81%91%e6%af%9b%e7%89%b9%e9%9b%86%e3%80%91

【PICK UP! Sponsored 記事】

※ おむつ代がおもちゃに!? パンパース「ポイントプログラム」が超お得すぎ!

※ 【簡単これ1本】産後ママ開発の天然シャンプーで抜け毛・白髪対策!

※ ママたちが教えてほしい「葉酸のフシギ」!管理栄養士が解説します

肌荒れとオサラバ!新米ママ必見「赤ちゃんの正しい洗い方」3ステップ

家庭崩壊の危機!? 知るのも怖いママのストレス事情…

%e3%83%a1%e3%83%87%e3%83%a9%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%e2%91%a0

【筆者略歴】

※ 進藤ゆきこ・・・専門家ライター。自身も子育て真っ最中の歯科医師、歯学博士。「毎日のオーラルケアをママとベビーのハッピータイムに」をモットーに、親子でお口の健康をもっと身近に感じてもらえるよう取り組んでいる。

LINE@はじめました
It Mamaでは日々最新のママトレンドニュースをお届けするため、LINE@をはじめました。ママが知っておくべき子育てや出産、妊活などのお役立ち情報や、LINE@限定プレゼントキャンペーン情報を日々配信してまいります! 友だち追加は以下よりどうぞ!

友だち追加

LINEで送る