試してみて!子どもの失敗をギュッと挟む「サンドイッチ」注意法

shutterstock_433481689
source:https://www.shutterstock.com/

子どもが失敗したり、よくないことをした場合にどうやって注意すればいいの?

よりよくするためのアドバイスや注意点は、上手に伝えないと子どものやる気を削いでしまいますよね。

上手に説得するには、今の状態を否定せずによりよい方法を示してあげることが大切。子どもがもっとやる気を出せる注意や説得の工夫をご紹介します。

1
Nao Kiyota
塾講師ライター。子どもたちが“もっと夢中で”学べる環境作りに日々格闘している。美容・健康分野でも執筆活動中。【保有資格】小学校教諭/特別支援学校教諭/心理カウンセラー/ダイエットアドバイザー/リンパケアセラピスト

 

「叱るまえに褒める」サンドイッチ注意法って?

shutterstock_433481689
source:https://www.shutterstock.com/

サンドイッチは、両側がふわふわのパン。真ん中に美味しい具材が詰まっています。叱りたいときや注意したいときは、子どもにとってクッションとなることで間を挟むようにして伝えるのがおすすめです。

次の3つを1セットにして注意点を伝えると、「だって、できないもん!」「もうやだ、やらない!」ではなく、「よし、次は違うやり方を試してみよう」と前向きに捉えられるようになります。

1:まずは、できていることを褒める

2:注意点や改善法を伝える

3:もっと上手にできるようになるよ!と激励する

ここで一番伝えたいことは、2の「注意点」です。

ただし、それだけを伝えるのではなく、今の状態でもできていることを伝えて自信をもてるようにし、注意点の後で激励することでやる気を引き出すことが大切。言われて嬉しくなる言葉のクッションで注意点をはさみましょう。

 

あいさつの声が小さい子に「元気なあいさつをさせたい」場合

shutterstock_168604208
source:https://www.shutterstock.com/

たとえば、子どものあいさつの声が小さく、もっと大きくハキハキ言ってほしいとします。このとき「もっと大きな声でいいなさい!」ときつく注意するだけでは、さらに声が小さくなってしまう場合も。

そこで、「あいさつしてもらえるととっても嬉しい気持ちになるなぁ。いつもありがとう」(「○○さんはとても嬉しい気持ちになっていると思うよ」)とあいさつをしていること自体を褒める言葉がけから始めましょう。

その上で、「大きな声でハキハキ言えると、元気がもらえてもっと気持ちいいなぁ」と注意点を伝えます。具体例を見せたり、一緒に言ってみたりすると良いでしょう。

そして最後に「声を大きくするだけでぐっとよくなる(なった)よ!」と”こう変えるとよくなる”とわかる形で伝えてあげましょう。

 

いかがでしたか?

言い方次第で、子どものやる気を引き出し、よりよくなるための行動を促すことができます。

ぜひ、ママの優しさで注意点を挟み、言われて嬉しく、勇気の出る言葉で伝えてあげてくださいね。

 

【画像】

※ Rawpixel.com、Ozgur Coskun / Shutterstock

【関連記事】

子どもの失敗責め立ててない?アドラー心理学に学ぶ「勇気をくじく」NG子育て4つのケース

愛するゆえに…子どもの「生きる力を奪う」NG親4パターン

※ コレは子育てにも使える!最新研究で「失敗を成功のもと」にするコツが判明

幼児期から使える!「風邪の4つの初期症状に効く」カラダに優しい万能アロマ?

ママの悩みから!? リピーター続出の「大人気ヘアケアシャンプー」誕生秘話

※ 【医師監修】加湿器が「バクテリア」をバラまく?今すぐ見直すべき冬の保湿対策(PR)

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

%e3%80%90%e7%99%bd%e9%ab%aa%e6%8a%9c%e3%81%91%e6%af%9b%e7%89%b9%e9%9b%86%e3%80%91

【PICK UP! Sponsored 記事】

※ おむつ代がおもちゃに!? パンパース「ポイントプログラム」が超お得すぎ!

※ 【簡単これ1本】産後ママ開発の天然シャンプーで抜け毛・白髪対策!

※ ママたちが教えてほしい「葉酸のフシギ」!管理栄養士が解説します

肌荒れとオサラバ!新米ママ必見「赤ちゃんの正しい洗い方」3ステップ

家庭崩壊の危機!? 知るのも怖いママのストレス事情…

%e3%83%a1%e3%83%87%e3%83%a9%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%e2%91%a0

【著者紹介】

Nao Kiyota・・・塾講師ライター。子どもたちが“もっと夢中で”学べる環境作りに日々格闘している。美容・健康分野でも執筆活動中。【保有資格】小学校教諭/特別支援学校教諭/心理カウンセラー/ダイエットアドバイザー/リンパケアセラピスト

LINE@プレゼントキャンペーン中!
It Mamaでは、日々最新のママトレンドニュースをお届けするため、「LINE@」にてママが知っておくべき子育てや出産、妊活などのお役立ち情報を配信しています。

12月20日までにお友達追加してくれた方には、クリスマスプレゼントが当たるチャンスです!

詳しくはこちらから!▼

https://goo.gl/03xVlz

LINEで送る