その優しさが仇になる!? 実はパパを傷つけている「ママのNG言動」

source:https://www.shutterstock.com/
source:https://www.shutterstock.com/

「イクメン」という言葉がだいぶ浸透して、育児や家事に関心の高いパパも増えてきているように感じます。

ただ、そんな男性も、働く女性と同じように仕事、家事、育児とで大変な状況にあり、また職場ではまだまだ男性が子育てすることに理解を示してくれない人もいるので、それなりに苦労しているのです。

奥さんとしては何気ない一言であっても、パパにはグサッとくるんです。

そんなパパへのNG言動と傷つけないために心がけたい事をご紹介します。

%e4%b8%89%e5%b0%be-%e5%b9%b8%e5%8f%b8

 

パパが頑張っているのは「ママのため」

最近では、パパが積極的に育児・家事に関わろうとしていますが、ママに厳しい態度を取られてしまい、パパがうつになったりするケースも増えてきています。

もちろん、ママは働いている上に家事も育児もして大変苦労しているので、パパがちょっと頑張ったからと言っても、大したことはできていないと感じるかもしれません。

でも、そんなパパにキツいことを言ってしまうと、内心かなり傷ついている可能性もあるんです。

 

なぜかというと、パパは子どものためというよりも、実はママのために家事や育児を頑張っているから。

ママの負担を減らそうと頑張っているのに、肝心のママに認めてもらえないとダメージが大きいのです。

 

でも、パパは変にプライドが高い生き物なので、自分が頑張っていたり、ママのためにやっていることを自分からアピールをしないことが多いのです。

そんなパパは自分が頑張っていたり、気を遣っていることを察してほしいという気持ちがあります。

ママにとっては何気ない一言でも、「頑張りを気づいてもらえない」と感じると、傷ついてしまうのです。

 

頑張るパパを傷ける「ママの優しさ」

source:https://www.shutterstock.com/
source:https://www.shutterstock.com/

ママと同じように、パパも毎日家事や育児、仕事と頑張っているときに辛いことを言われるとへこみます。

たとえば、ママが働いていて仕事が遅い時、パパが食事を作っていたとします。

ママとしてはパパに楽をしてもらいたいので、「たまにはお弁当でもいいよ」と言いました。

でも、パパが怒ってしまいました。

 

パパとしては、せっかくよかれと思って頑張って作っているのに、「お弁当でいい」と否定されているように感じてしまったからです。

他にもパパは変にプライドが高いため、注意されることを嫌います。

家事や育児でママの納得いかないやり方をしていて、「このやり方は変だ」とか、家事をやった後にママに直されてしまうと、機嫌が悪くなったり、ママの期待に応えられてないと落ち込んだりするのです。

 

ママが心がけるべきたった2つのこと

こうしてみると、パパとはめんどくさい生き物のように見えますが、実は子どもみたいに単純です。

ママが心掛けるべきことは2つしかありません。

(1)やったことを褒めて認めてあげること

(2)頑張ってくれていることに感謝してあげること

 

パパのモチベーションは“ママに喜んでもらいたい”という気持ちです。

家事や育児で多少のことは目をつぶってパパに任せて、褒めてあげてください。

どうしても納得いかない時は、その部分だけは自分がやりたいと伝えるか、あとから「ありがとう。でもこうしてくれると嬉しい。」と感謝と改善点をセットにして伝えると、パパも傷つかないでしょう。

 

ママも大変だと思いますが、パパも妻のよき理解者になりたいと思って頑張っているんです。

夫婦でお互いが認め合うことで、夫婦生活がうまくいくのではないでしょうか。

 

【画像】

※ Mangostar,  Photographee.eu / shutterstock

【関連記事】

※ イクメンはそもそも「イケテナイと」いけない?<まあせんせいの人育て論 Vol.02>

※ イクメンなんて当たり前!コレは見習いたい「海外の子育て」4つ

※ 育児するだけがイクメンじゃない!パパ必見「真のイクメン」の条件とは

ゾっとする!? ママが「シリコンシャンプー」を選ばなくなる理由

※ もう抜いちゃダメ!太くてしぶとい「白髪」のNG対処法

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

%e3%80%90%e7%99%bd%e9%ab%aa%e6%8a%9c%e3%81%91%e6%af%9b%e7%89%b9%e9%9b%86%e3%80%91

【PICK UP! Sponsored 記事】

※ おむつ代がおもちゃに!? パンパース「ポイントプログラム」が超お得すぎ!

※ 【簡単これ1本】産後ママ開発の天然シャンプーで抜け毛・白髪対策!

※ ママたちが教えてほしい「葉酸のフシギ」!管理栄養士が解説します

肌荒れとオサラバ!新米ママ必見「赤ちゃんの正しい洗い方」3ステップ

家庭崩壊の危機!? 知るのも怖いママのストレス事情…

%e3%83%a1%e3%83%87%e3%83%a9%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%e2%91%a0

【著者略歴】

三尾 幸司・・・1979年生まれ。3児のパパ。某IT企業で営業をしながら、ワークライフバランスを実現し、たまに組織改革やダイバーシティ、女性活用などの推進に取り組み。また、NPO法人コヂカラ・ニッポンのメンバーとして、コヂカラMBAプロジェクトを進めており、子ども向けのキャリア教育やビジネスワークショップを実施。大手企業の社員の子どもや沖縄の高校生など、幅広く講演やワークショップを実施。

プライベートでは小中一貫校のPTA会長(4年目)として活動中。今までに1,000冊以上読んだ育児書やビジネス書のノウハウを元に、Blogや雑誌に子育てや教育に関する記事を寄稿し、子育てに関わる人の支援やアドバイス、将来の日本を支える子どもの教育や育成に力を入れている。AERA、Bonjureaha、サカイクなど寄稿多数。3人の子育てに毎日楽しくバタバタしてます。厚生労働省の「イクボスアワード2016 特別奨励賞」を受賞。

LINE@プレゼントキャンペーン中!
It Mamaでは、日々最新のママトレンドニュースをお届けするため、「LINE@」にてママが知っておくべき子育てや出産、妊活などのお役立ち情報を配信しています。

12月20日までにお友達追加してくれた方には、クリスマスプレゼントが当たるチャンスです!

詳しくはこちらから!▼

https://goo.gl/03xVlz

LINEで送る