最長90分間も!6割の産院が行っている「カンガルーケア」体験談

カンガルーケアの効果や条件

赤ちゃんが誕生し、へその緒を切ってすぐにママの胸元で肌と肌を触れ合わせて抱っこすることを“カンガルーケア”と言います。

カンガルーケアの効果としては以下3つが主に挙げられます

(1)赤ちゃんの体温を安定させる

(2)触れ合いを通して、ママが母親になった実感ができる

(3)産後早いうちに初乳を与えることで、母乳の出を良くする

shutterstock_61919311
source:https://www.shutterstock.com/

日本周産期・新生児医学会の調査結果によると、現在カンガルーケアは65.4%の施設で実施されていて、触れ合いの時間は産院によりまちまちのようであり、10 分間以内が28.5%、15~30 分間が27.7%、40~60 分間が19.7%、90分間以上は19.9%という割合のようです。

またカンガルーケアを取り入れている産院であっても、早産であったり、出生後の赤ちゃんの呼吸などが安定していなければ、できない場合もあります。

LINEで送る