「水中分娩」は人を選ぶ!? 経験したママが語るホントのところ

「水中分娩」はできる人を選ぶ!?

source:https://www.shutterstock.com/
source:https://www.shutterstock.com/

「水中分娩がしたいです」と言っても、なかなかできる人がいないそうです。

産院にもよりますが、次のような場合は、基本的に水中分娩ができないのです。

・高齢出産
・ハイリスク出産(早産など)
・破水が早かった
・回旋異常

本当に最後まで何も問題がなく、順調にお産が進まないと水中に入ることができません。

実は筆者も、「最後までどうなるか分かりませんよ」と言われていました。

「水中ができたらラッキー」というくらいのスタンスのほうが良いと思います。

 

ちなみに水中分娩の費用は、普通分娩に比べて少し割高です。

筆者の産院は、通常よりも3万円ほど高かったです。

 

実際に水中分娩を経験して思ったこと

経験した筆者としては、心からオススメしたいと思います。

陣痛の痛みが和らぐことや、体勢が楽になることも良かった点ですが、何よりも感動したのが、“自分で赤ちゃんを取り出す”ということ。

足のほうまで出てきたら「はい、引き上げて~!」と言われました。これ、けっこうすごいですよね。

もちろん助産師さんがサポートしてくれているのですが、水中からママが自分で赤ちゃんを抱き上げて、1番にわが子の顔を見ることができるんです。

もうこの瞬間には、それまでの痛みは完全に忘れていますので、本当は体力がないはずなのに赤ちゃんを抱き上げた状態で、自分で水中の外に出て、分娩台に上がっていました。

 

筆者も最初は悩みましたが、水中分娩の説明会に出て「やはりこのスタイルで産みたい!」と決断しました。

筆者の産院は立ち合いもできましたし、希望すればパパも一緒に浴槽に入れるそう。

しかしながら、水中分娩ができる産院はまだ本当に少なくて、東京でも片手で数えるくらいです。

気になる方は早めに探してみてくださいね。

 

【画像】

※ FamVeld, Lighthunter / Shutterstock

【関連記事】

※ 陣痛誘発剤ナシで「自然な無痛分娩」ができる都内の産院3つ

※ 「無痛分娩と自然分娩」両方経験したママが教える、自分に合った最適な出産スタイルの選び方

※ 出産は病院任せじゃダメ!産後の親子関係にも影響する「バースプランの考え方」

※ ゾっとする!? ママが「シリコンシャンプー」を選ばなくなる理由

※ もう抜いちゃダメ!太くてしぶとい「白髪」のNG対処法

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

%e3%80%90%e7%99%bd%e9%ab%aa%e6%8a%9c%e3%81%91%e6%af%9b%e7%89%b9%e9%9b%86%e3%80%91

【PICK UP! Sponsored 記事】

※ 【簡単これ1本】産後ママ開発の天然シャンプーで抜け毛・白髪対策!

※ ママたちが教えてほしい「葉酸のフシギ」!管理栄養士が解説します

※ あの「VERY」でも大人気!フェイラ―の「金額別おすすめギフト」5選!

%e3%83%a1%e3%83%87%e3%83%a9%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%e2%91%a0

【著者略歴】

Yuno・・・ヨガ・アーユルヴェーダ・おむつなし育児アドバイザーの分野で活動。自身のスタジオWindhillを2015年港区白金台に設立し子連れのママヨガやマタニティヨガは大きな反響を集めています。また2015年に第一子を出産。自然な生活・自然な育児をモットーに、妊婦さんや産後のママのサポートに励んでおります。2016年秋からは認可外保育園で、アーユルヴェーダ食の献立を提供したり、おむつなし育児のサポートをし、子どもたちが自然に、また健康に育つための活動をしている。

damepapa_banner01

LINE@はじめました
It Mamaでは日々最新のママトレンドニュースをお届けするため、LINE@をはじめました。ママが知っておくべき子育てや出産、妊活などのお役立ち情報や、LINE@限定プレゼントキャンペーン情報を日々配信してまいります! 友だち追加は以下よりどうぞ!

友だち追加

LINEで送る