「人見知りしない子」に見られる傾向&これは得した!エピソード

shutterstock_267064157
source:https://www.shutterstock.com/

生後5~6ヶ月頃から始まると考えられている人見知り。記憶力がついてきて、人の顔を少しずつ区別できるようになるため、知らない人に会うと不安がって泣く人見知りが始まるとされています。(※1)

いっぽうで、世の中には全く人見知りをしないという子もいますよね。

そこで今回は、人見知りをしない子に見られる傾向とエピソード、気をつけた方がいいことについてママ視点でまとめてみました。

人見知りにも種類がある?

感情表現の仕方には個人差があるため、いわゆる人見知りのイメージである“ギャン泣き”がないからといって、人見知りではないとは言えないかもしれません。

これまでの経験から、人見知りには大きく分けて2つのタイプがあるように筆者は思います。

まずひとつめは、知らない人と会うと、ママにしがみつく、泣く、暴れるなど激しいタイプ

shutterstock_157961432
source:https://www.shutterstock.com/

そしてもうひとつは、表情がかたくなる、視線をそらす、いつもよりママのそばから離れない、テンションが少し下がっているなど、静かなタイプです。

人見知りの度合いには個人差があるため、わが子は人見知りがないと思っていても、実は、知らない人と会って緊張しているという子もいるかもしれません。

 

人見知りしない子に見られる傾向2つ

(1)うまれたときから大勢の人と接する機会が多い

低月齢から保育園に通っていた、上の子の送り迎えでたくさんの大人と接する機会が多かった、祖父母など同居家族が多い場合、人見知りをしないという子が多いようです。

第一子で室内でママと2人きりで過ごすことが多い子に比べると、たくさんの人と過ごしているので、他人への抵抗感が少ないのかもしれません。

(2)もともとの性格が社交的

shutterstock_267064157
source:https://www.shutterstock.com/

赤ちゃんにはうまれたときから個性がありますが、よく寝る子、抱っこしないと寝ない子、物音がしても気にならない子、ちょっとした物音で泣いてしまう子など様々ですが、人見知りしない子というのもその中の一つなのかもしれません。

筆者自身も兄弟とは全く性格が違いますし、複数子どもがいるママ友の話を聞いても、同じように育てているのにこうも違うのか、と感じることが多いので、うまれもったものってあるんだなとよく思います。

 

人見知りしない子「良かったエピソード」3つ

筆者の娘は、赤ちゃんのときはものすごく人見知りをする子でした。人見知りだけでなく、場所見知りもすごかったので、知らない場所に行くのはちょっと憂鬱でした。

が、そんな娘も6歳になり、今は、ほぼ人見知りをしません。人見知りがないことで良かったと感じるエピソードを3つご紹介します。

(1)“友達作り力”がスゴイ!

娘の“友達作り力”には驚かされます。複数習い事をしていますが、その全てでお友達がいます。年齢も年下の子から、小学3年生くらいの子まで様々。

人見知りをしないので、すぐに「お友達になろう」と言えるのです。友達がたくさんいるので、いつでも楽しく幼稚園や習い事に通うことができていて、「行きたくない」と言ったことは一度もありません。

(2)“自分は自分”で友達に依存しない

source:https://www.shutterstock.com/
source:https://www.shutterstock.com/

人見知りをしない子はいい意味で友達に依存しないのかもしれません。もちろん、特定の仲良しの子はいますが、例えばその子が休んでも、他の子と遊ぶことができます。

年齢があがってくると違うのかもしれませんが、自分をしっかり持って、“自分は自分”でいられることは、プラスになるはず。

環境の変化にも動じず、新しい場所、知らない場所も平気なので、ママとしてとても頼もしいです。

(3)ママ友ができやすい

実は、筆者はものすごく人見知りです。それもあり、なかなか娘の習い事などで、ママ友ができません。

ですが、子どもたちが仲良くなることで、自然とお母さん同士も話すようになるので、今では、挨拶以外にちょっとした話ができるママ友ができました。

筆者は、ママ友がいなくてもいい派ではあるのですが、ママ友がいると、情報交換や楽しい話もできるので、娘に感謝しています。

 

今は人見知りがあっても、幼稚園や小学校などに行くと人見知りがなくなることもありますので、お子さんの成長を長い目で見守りながら、人見知りに対処してあげるとよいと思います。

 

【参考・画像】
育児新百科 最新版オールカラー―月齢ごとに「見てわかる!」 (ベネッセ・ムック たまひよブックス たまひよ新百科シリーズ) – Amazon
※ Iulian Valentin、Alex Oakenman / Shutterstock

【関連記事】

※ 保育園と幼稚園の違いって?ママが「保育園のプロに任せて良い」こと

※ お盆帰省が憂鬱?祖父母世代との「子育てギャップあるある」と3つの対策

イラストに釘付け!東大「あかちゃんラボ」監修、赤ちゃんが好きな絵本って?

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

◆ It Mamaの「記事運営方針について」はこちらよりご確認ください

LINEで送る