夫の浮気を招く?妊活カウンセラーが教える「里帰り出産」の実情

shutterstock_464637242
source:https://www.shutterstock.com/

現在、出産を取り扱う病院も減り、妊娠と同時に出産場所をどこにしようかと迷う人も多いのではないでしょうか?

首都圏を中心に核家族化が進む中、出産の時ぐらい親元でゆっくり過ごしたいと思い、“里帰り出産”をするママもいますね。

中には、結婚を機に実家を離れ、遠くで暮らしていたため、「妊娠したら、半年ぐらい里帰りする!」と言われる人も。

しかし、この“里帰り出産”に対してはいろんな考え方があり、どれが正しいということはありません。

今日は、元看護師でマタニティケアの講師でもある筆者が里帰り出産についての在り方ついてお話をしたいと思います。

1

伊藤優子
元看護師、妊活カウンセラー。2013年10月からカウンセラー活動を開始し、65名の妊娠実績。産婦人科での勤務経験、娘を重症仮死出産した経験を生かし、マタニティケア、マタニティセラピスト育成講座も開講。著書に『半年以内にママになる妊娠セラピー~ママになるための12のレシピ~/坂本優子』

LINEで送る