コンテナ、屋上庭園、壁がない!?全国の新感覚な幼稚園&保育園

記事提供:いこーよ

海外にも紹介されていたり、グッドデザイン賞などを受賞していたり。「こんな園に通わせたい!」と思うこと間違いなしの、おしゃれでユニークなデザインの幼稚園・保育園をご紹介します! 園舎をデザインした『日比野設計+幼児の城』の広報・新城大地郎さんに園舎づくりへの思いと、手がけた園舎の魅力について聞きました。

 

壁がない&雨天時にあえて屋根を開ける!?『第一幼稚園』

熊本県にある『第一幼稚園』は、建物の1階部分に壁がなく、柱だけで作られた園舎です。2015年のグッドデザイン賞のほか、数多くの賞をもらっています。

「可変性のある自由度の高い空間を作る事で、合同授業や英語教室など、その日のカリキュラムに合わせて、部屋の形や規模も最適な形に変更できます。壁以外にも、極力固定で動かせない物を設けないよう、心がけました。」

園舎が完成した当初は、壁がないことで子どもや先生達に戸惑いがあったそうですが、現場の先生達の創造性と工夫の結果、今では子どもたちは「より先生の話に集中するようになった」そう。壁がなくなったことで、子どもと先生の心の距離も近くなったのかもしれません。

さらに、園舎の中央に大きな吹き抜けがあるのも、この園舎の大きな特徴。吹き抜け部分の天井には電動開閉式の屋根が装備されています。普通なら雨の時は屋根を閉めるものですが、『第一幼稚園』では逆に、雨の時に屋根を開ける(!)そう。

「吹き抜け部分の1階の空間は、最大で5cmの高低差があるくぼみがあります。これにより、雨天時に屋根を開ける事で水溜まりができ、子どもたちが遊べるようになっています。」

園舎の中で水遊びが楽しめるなんてびっくり…! 壁のない開放感あふれるスペースで思いっきり遊ぶことで、子どもたちものびのび成長できそうです。

 

認定こども園 第一幼稚園

住所:熊本県熊本市中央区坪井4-20-22

「認定こども園 第一幼稚園」の詳細はこちら

続いては、“隠れ家”のある幼稚園と、コンテナ(!)で作った幼稚園です。

 

歴史を感じる廊下と隠れ家が魅力の『厚木のぞみ幼稚園』

建物の中心にある広々とした廊下が特徴的な『厚木のぞみ幼稚園』。この廊下は、42年前に日比野設計が担当した旧園舎から、園舎立て替えの際に持ってきた、歴史あるものだそう。

「現園舎の中央にある幅5mの大きな廊下は、旧園舎にあったものを継承して現代版にアレンジしました。また、立て替え時に平屋建てから2階建てとなりましたが、階が分かれることでお互いが見えなくなる点を改善する為に、吹き抜けを多く設置しました。」

インテリアは『森』をイメージしたデザインになっていて、子どもたちが遊べる“隠れ家”も多く存在しています。

「隠れ家は子どもが大好きな場所でもあります。大人の入れない子どもだけの場所は、子どもにとっては、ドキドキワクワクの場所であり、発見やひらめき、コミュニケーションが発生する大切な空間でもあると考え、設計しました。」

遊び心がある園舎は、子どもたちも通うのが楽しみになりそうですよね。

 

厚木のぞみ幼稚園

住所:神奈川県厚木市妻田東2-5-41

「厚木のぞみ幼稚園」の詳細はこちら

 

コンセプトはエコ!コンテナ作りの『小倉あさひ幼稚園』

第10回キッズデザイン賞も受賞している『小倉あさひ幼稚園』は、園舎が船舶コンテナで作られた珍しい建物です!

「船舶コンテナは事前に組みあがって納品されるので、短工期で輸送コストも大幅に削減でき、省エネやCO2削減に繋がります。また、将来園の間取りを変える必要が生じた場合でも、コンテナごとの移動が可能で、再利用が容易です。こうしたエコな素材が日常的に目に触れることで、子ども達への教育にも繋がると考えて、コンテナを使いました。」

一方で、コンテナは無機質な印象が強いことから、室内はぬくもりを意識して、ロッカーやイス、テーブルなどのインテリアに「木」を多く利用したそう。内側と外側の対比もおもしろいですね。

小倉あさひ幼稚園

住所:埼玉県八潮市大曽根538

「小倉あさひ幼稚園」の詳細はこちら

続いては、屋上庭園&ランチルームが特徴的な保育園と、アスレチックのような園舎です。

 

LINEで送る