6割のママが「保活はストレス」パパに担って欲しい3つのタスク

shutterstock_472132927
source:https://www.shutterstock.com/

保活に苦労しているママが多くいます。今月から来月にかけては来年4月の入園申し込みに向けて今まさに保活に追われているという方もいることでしょう。

都市部では待機児童が大きな問題になっており、なかなか保育園に子どもを入れることができない状況です。これでは一億総活躍と言っても、なかなか女性が活躍できません。

子どもを産む前から頭を悩ませているママが多く、パパとしても夫婦の問題として捉え、できることをやって、夫婦で保活を進めていきたいものです。

1

三尾 幸司
3児のパパ。組織改革やダイバーシティ、女性活用などの推進に取り組み。また、NPO法人コヂカラ・ニッポンの一員。プライベートでは小中一貫校のPTA会長(4年目)として活動中。厚生労働省の「イクボスアワード2016 特別奨励賞」を受賞。

 

LINEで送る