M7余震に注意!絶対備えたい「赤ちゃん用防災チェックリスト」

source:https://www.shutterstock.com/
source:https://www.shutterstock.com/

地震大国の日本。

日本史上最大級の被害を出した東日本大震災から5年経ちますが、その余震は未だ続いており、なんとマグニチュード7クラスの揺れも、年1回は起きているとのこと。

赤ちゃんを持つママは、「もし地震にあったら……」と思うと、背筋が寒くなる思いがしますよね。

しかし、地震はいつなんどき来るか分からないもの。その時のために、備えがあるかどうかがカギとなります。

そこで今回は、赤ちゃんを持つママなら準備しておきたい、“いざという時のための備え”についてご紹介していきます。

 

ママなら絶対用意しておいて!備蓄品10のリスト

備えを作る上でまず考えるべきは、地震が起きたら「何が必要になるのか?」ということ。

一般的に、地震発生後はガスや電気・水道などのライフラインがストップし、時には避難所で数日過ごさなければならない時もあります。

最悪のケースを想定して、下記のものはきちんと準備しておきましょう。

(1) 飲料水(3リットル×3日×人数分)
(2) 非常食(3日分)
(3) おむつ・生理用品
(4) ミルク・母乳パッド
(5) 除菌シート・ティッシュペーパー
(6) マスク
(7) ビニール袋
(8) 救急セット・薬
(9) カイロ
(10)懐中電灯

しかし、赤ちゃんがいる以上、一通りの備蓄ではやはり足りないのです。

赤ちゃんの衛生面・栄養面を考えて、更に準備しておきましょう。

LINEで送る