ママの悩みから!? リピーター続出の「大人気ヘアケアシャンプー」誕生秘話

%e9%ae%ab%e5%b3%b6%e7%a4%be%e9%95%b7

“ItなMama”とは、ママとして“輝き続ける女性たち”のこと。

毎回、様々なジャンルにおいて活躍し、目標に向かって進む、賢く美しい“ItなMama”たちの子育てやリアルな私生活に迫る「これが私のIt ♡ Life」シリーズ。

今回は、2人の男の子ママでありながら、株式会社nijitoを立ち上げ、29名の社員をまとめる鮫島貴子さんにインタビュー! ママが育児も仕事も頑張るために、工夫している事とは?

 

お風呂に入る時間もない ママは髪も洗えなかった!?

編集部:出産に対し、何か良い・悪いイメージはありましたか?

鮫島さん(以下、S特になかったです。産んでみないとわからないと思っていました。

それは私のまわりにママがあまりいなかったこともあり、赤ちゃんは“寝ているもの”というイメージでした。だから、出産後は同じようにバリバリ働けると思っていました!

編:出産してすぐに復帰されたのですか?

S会社を立ち上げる話が進んでいたため、出産後ベビーシッターさんに預けてすぐ働いていました。

赤ちゃんはママがいないと生きていけないので“100%依存”ですよね。今までの人生でこんなに人に依存されることは無かったので、その責任の重さや環境の変化に正直戸惑いました。自分の時間を取れなくて「きついなぁ~」って思うこともありましたよ。

例えばお風呂では、子どもと一緒だとのんびり浸かるなんてまず無理。あちこちに泡がついたまま出て、子どもが湯冷めしないように、とりあえず体を拭かなくちゃいけない。

本当に忙しいとき、または次の日仕事がないときなどは「シャンプーは…まぁ~いっか!」って時もあります。

編:自分自身のケアに使える時間は、あまりなかったんですね。そんな経験から、今のお仕事に結び付くんですよね?

Sそうです。自分のケアを後回しにしていたら、抜け毛や白髪がものすごく増え、「haru黒髪スカルプ・プロ」の開発にいたったので、今となっては必要な経験だったのかな、と思います。けれど当時は本当に深刻な悩みでした!

 

出産前は働いていたママに「なんでもう帰るの!?」と思っていた

編:ママになり、仕事のやり方も変わりましたか?

S変わりましたね。若手の頃は“がむしゃら系”でした(笑)。働くママさんに対して「こんな忙しい時にもう帰るの?」「またお休み?」と思うこともありました。

けれど、今になって、その時のママさん達の気持ちがすごく分かります。

なので、nijitoの社員にはこれから結婚・出産を経験するメンバーも多くいるので、そんなメンバーが気兼ねすることなくイキイキ働けるような環境を作っていきたいですね。

編:ママになって、大事に思っているモットーなどありますか?

Sまだ模索していますが、「なんでも完璧にやろうと思わないこと」!

洗濯機、電子レンジなど時間を短縮出来るものはフル活用しています。以前は子どものご飯はすべて手作りにしていましたが、今は週1回は外食、1品だけはスーパーのお惣菜を購入する……そんな日もあるから続けられるのかも。

また、時間は有限ということを意識し「家事や育児、仕事など1つ1つの時間を少しずつ少しずつつめること」も意識して行っています。

社長直伝!忙しいママにこそオススメ時短「美容&育児テク」

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

編:忙しい鮫島さんが行っている時短育児テクとは?

S子どもを寝かしつける時に「抱っこしたまま寝かしつけない」ってことですね。抱っこしたまま寝かしつけると癖がついてしまい、抱っこしていないと寝てくれないようになってしまいます。

そのため、長男は1歳ごろまで夜泣きがありました。その経験を活かし、次男では抱っこしたまま寝かしつけないようにしたら夜泣きもなく、1人でスヤスヤ寝てくれるようになったんです!

編:時短ケア、美容法も気になります!

Sズバリ、「年齢の3倍パッティング」です!

化粧水に乳液・パック……など、子どもがいない時と同じケアを続けるのは無理なので、せめて化粧水だけでもと思い、子どもが生後何ヶ月かの時によく行っていました。

立ちながら、移動しながら出来るし、肌もモチモチになるので「今日は忙しくてどうしてもスキンケア出来ない」という時のお助けケアとしてはすごくオススメですよ!

ママに伝えたいメッセージをどうぞ!

S「肩の力をぬいて」「いつか楽になります」そして少しずつですが「自分に向き合う時間が増えます」って感じですかね(恥)。

あと、ママは育児に家事に仕事……と忙しく、自分のことなんて考えている時間なんてありません。ですが、私は“ヘアケアへの関心”が低かったことで“白髪や抜け毛”が急激に増え、悲しい経験をしました。

私のようなママを増やさないためにも“ヘアケアへの関心”をもっと高めていただけると嬉しいです。

そして悩んでいるママを少しでも手助けできるように、今後も商品の開発を頑張っていきたいと思っています。

編:ありがとうございました!

 

ママになったからこそ分かったこと、鮫島社長が自ら工夫して、育児や美容も取り組んでいることが分かりました。

2人の息子さんが小学生になったら、また違った悩み・不安が出てくることもあるかも、とおっしゃっていましたが、社長として、ママとして限られた時間の中できちんと向き合うことを大切にされているのだと伝わってきました。

 

It Mamaでは、今後も様々なライフスタイルを送っている“Itなママたち”を紹介していきます!

次回もお楽しみに♪

 

【参考・画像】

※ 「haru黒髪スカルプ・プロ」 – nijito

※ Alena Ozerova / Shutterstock

【関連記事】

加齢で細くなった髪が隠れて若く見える!超簡単ヘアアレンジ

産後ママ最大の悩みは抜け毛!? 「育毛促進」に嬉しい3つの栄養素と絶対ケアすべき紫外線対策

気になる「産後の抜け毛」にアプローチ!自宅で簡単にできる改善・予防習慣3つ

ydn_1_300x250

 

【PICK UP! Sponsored 記事】

【簡単これ1本】産後ママ開発の天然シャンプーで抜け毛・白髪対策!

LINE@はじめました
It Mamaでは日々最新のママトレンドニュースをお届けするため、LINE@をはじめました。ママが知っておくべき子育てや出産、妊活などのお役立ち情報や、LINE@限定プレゼントキャンペーン情報を日々配信してまいります! 友だち追加は以下よりどうぞ!

友だち追加

LINEで送る