日米でココが違う!ブラピとアンジーの離婚劇に見る「親権問題」

shutterstock_427189468
source:https://www.shutterstock.com/

双方ともに大スターである、ブラッドピットとアンジェリーナジョリーの世界が注目した離婚協議。

2人の間の6人のお子さんたちの親権問題が最大の争点だったようですが、11月8日、お子さんたち全員の親権はアンジェリーナジョリーが持つ旨の協議書が交わされ、全面的にアンジェリーナジョリー側の要求が呑まれる形での決着となったことが報じられました。

子どもを愛しているブラッドピットは最後まで共同親権を求めていましたが、それは叶わなかったようです。

さて、日本では、離婚後も共同親権となっている夫婦の存在を聞いたことがないと思いますので、共同親権とは何かということや、ブラッドピットの件でも親権は母親に認められているように、親権は母親が有利なのかについて解説したいと思います。

1
木川 雅博
星野法律事務所(港区西新橋)パートナー弁護士。損害賠償・慰謝料請求、不動産の法律問題、子どもの事故、離婚・男女間のトラブル、墓地・お寺のトラブルその他、法人・個人を問わず様々な事件を扱っています。

 

LINEで送る