今週の絵本売上ランキングBEST10【2016/10/30~11/5】

記事提供:絵本ナビ

18


人気の「だるまさん」シリーズ、ギフトにはセットがおすすめです!
 
人気のファーストブック、『だるまさんが』、『だるまさんの』、『だるまさんと』が入った、3さつケース入り 。ギフトにぴったりです。
 

■ セット内容

 

話題の人ボブ・ディランの名曲『Forever Young』から生まれた絵本!

はじまりの日はじまりの日」
作:ボブ・ディラン
絵:ポール・ロジャース
訳:アーサー・ビナード
出版社:岩崎書店

“ボブ・ディランの名曲『Forever Young』に、詩人アーサー・ビナードの訳詩と、新たに爽やかな絵が加わって、 希望あふれる絵本になりました!

『Forever Young』は、1974年に発表されてから老若男女にうたわれてきた、子どもを思うあたたかな名曲。

これまで正式な日本語訳がなかったこの曲を、アメリカ生まれの日本語の詩人アーサー・ビナードが歌える日本語訳にしました。ロックの歴史的名曲と絵本の新しい出会いを味わえる絵本。

 

今年最初にランクインしたクリスマス絵本はこれ!小さい子から楽しめる1冊です♪

まどから おくりものまどから おくりもの」
作・絵:五味 太郎
出版社:偕成社

サンタクロースさんがみんなのおうちへプレゼントを届けます。

窓の外から見える様子で誰の家なのかを推測して窓からプレゼントを投げ入れます。

ねずみさんにはしゃれたながぐつ、ねこさんにはかわいいリボン…あれれ?でもなんだか変ですね。

サンタさんに見えた様子と、家の中の様子はだいぶ違うようですよ…それでも最後はみんな大満足。よかったね。

 
● 4位

だるまさんがだるまさんが
作:かがくい ひろし
出版社:ブロンズ新社

だ・る・ま・さ・ん・が・・・・ページをめくって、あらら!びっくり!大わらい!声にだして読んでたのしい、見てたのしい、とってもキュートなファーストブックです。

● 5位

木の葉つかいはどこいった?木の葉つかいはどこいった?
文:ピーナ・イラーチェ
絵:マリア・モヤ
訳:小川 文
出版社:きじとら出版

◆第21回いたばし国際絵本翻訳大賞(イタリア語部門)受賞作品◆

おや、木の葉つかいは どうしたんだろう?
かぜに はためく、ながいマフラーを みなかったかい?

秋になると、木の葉つかいがやってきます。ぼうをふって、葉っぱたちにすてきな飛び方を教えるのです。でも、今年の秋は……。木の葉つかいがこないだなんて、どうやって落ち葉になればよいのでしょう!?
すがすがしいユーモアがあふれる、イタリア発の新感覚絵本です。

● 6位

おたすけこびとおたすけこびと」
文:なかがわ ちひろ
絵:コヨセ・ジュンジ
出版社:徳間書店

ある日ママが電話をかけました。

「じゃあ、おねがいね」そのあとで、キッチンへやってきたのは…ショベルカーやブルドーザー、働く車をそろえたこびとたち!

バター、小麦粉、砂糖をまぜて…さあ、何ができるのかな?

車好きの子も、お菓子好きの子も、ページのすみずみまで楽しめる絵本です!

● 7位

しろくまちゃんのほっとけーきしろくまちゃんのほっとけーき
作:わかやま けん
出版社:こぐま社

しろくまちゃんがホットケーキを作ります。卵を割って、牛乳を入れて…。

焼き上がったらこぐまちゃんを呼んで、二人で「おいしいね」。

見開きいっぱいに描かれたホットケーキの焼ける場面は、子どもたちに大人気。

● 8位

がたん ごとん がたん ごとんがたん ごとん がたん ごとん
作:安西 水丸
出版社:福音館書店

走る汽車にのせてもらうのは、コップとスプーン、哺乳ビン、りんごとバナナ。

それからねずみやねこまでのりこみます。どれもあかちゃんになじみのものばかりです。

● 9位

くっついたくっついた
作・絵:三浦 太郎
出版社:こぐま社

ページをめくると…、くっついた!そのくり返しが楽しい赤ちゃん絵本です。

最後は、赤ちゃんのほっぺをはさんで、お父さんもお母さんもいっしょに、くっついた!

赤ちゃんのまわりにいる大人まで、ニッコリ笑顔になる絵本です。

● 10位
LINEで送る