子供の足は変形しやすい!?健康な足を育てる基本的な靴選び

記事提供:いこーよ

子どもの足がしっかりとした「大人の足」になるのは、18歳頃。12歳頃に、「大人の足」のほぼ原型ができてきます。それまでの子どもの足の骨はとてもやわらかく、簡単に変形してしまうのだそう。健康な足の成長のために、どんな靴を選ぶべきなのでしょうか?

選び方のポイントや注意点などについて、フットケアの専門家にお話を聞きました。

 

サイズが合わない靴で足が変形する!?

「子どもの足の骨は、乳幼児期頃まで『軟骨状態』なんです。とてもやわらかいので、簡単に変形してしまいます。だから、成長に適した靴選びが大切なんです。」

そう話すのは、フットケアセラピストの玉島麻理さん。

「じつは、子どもの足はやわらかい上に痛みに対して鈍感。だから、少々きつい靴を履いていても『痛い!』と言うことは、ほとんどありません。ですから、親は合わない靴を履いていても、見逃してしまうことが多いんです。」

足に合わない靴を履いていても、痛いと言わない子どもたち。気づいてあげることは、できないのでしょうか?

「機嫌よく歩いているようなら大丈夫ですが、ちょっと歩いただけで抱っこをせがんだり、歩きたがらなくなる場合は、違和感があるのかもしれません。靴をチェックした方がいいかもしれませんね。」

サイズが合わない靴を履き続けることで、子どもの足にはどんな問題が起こるのでしょうか?

「合わない靴を履くことで、『外反傾向』など足の指が変形する可能性があります。」

外反傾向というのは、外反母趾になる手前の状態。足の親指の骨が、小指側に曲がるような変形のことです。症状が悪化すると、体の不調につながることもありますよね。

「子どもの場合、まだ骨が固まっていないので『外反母趾』と言い切ることはできませんが、放っておくと外反母趾になってしまう『外反傾向』になることがあります。骨の変形を防ぐためにも、足に合った靴を選びましょう。」

 

歩行や運動不足で「扁平足」に

また、最近は土踏まずがない状態である「扁平足」 の子どもも増えていると言います。

「扁平足は、歩行や運動が少ないことが問題で起こります。土踏まずは、歩くときにクッションの役割をしてくれています。扁平足になると、そのクッションがないまま歩くことになるので、疲れやすくなります。靴が合わなくて子どもが歩きたがらない、ということは避けたいですね。」

 

子どもの足にやさしい靴選び、ポイントは?

では、靴を選ぶときの具体的なポイントは何でしょうか。

「足のサイズを正確に測ることが、大切です。できれば、足に関する基礎知識と靴合わせの技能を学んでいる専門家、シューフィッターさんがいるお店で測ってもらうのが理想的です。」

シューフィッターのいるお店が近くにないときには、どうしたらいいのでしょうか。

「ママが子どもの足を測ることもできます。たとえば、紙の上でかかとと一番長い指先に印をつけて長さを計る方法や、中敷きを使う方法がおすすめです。中敷きは靴から取り出し、かかとを合わせて足を乗せ、つま先に余裕があるか、横幅があっているかをチェックします。」

測り方のポイント
1 足のかかとを合わせる
2 かかとからつま先の一番長いところまでを測る
3 最適な靴のサイズを割り出す(以下参照)
・14cmまでのベビーサイズは2の測定値+5〜8mm
・14.5cmからのキッズサイズは2の測定値+1cm

※実際に購入する際は、試し履きしてみてください。

「どの測り方にしても、まずかかと部分を合わせるようにしましょう。その際、必ず立たせた状態で測るようにしてくださいね。かかとがきちんと収まっていることで、靴の中で足が不安定になるのを防げます。」

サイズをしっかり測った上で、次のようなことに気をつけて靴を選んでみて、と玉島さんはアドバイスします。

子どもの靴選びのポイント
1 つま先は少し反りあがったもので、細くなっていないもの
2 軟骨状態の足をしっかり支えるために、かかとは固めのもの
3 マジックテープなどで足の甲をしっかりホールドできるもの

「足の甲までホールドできれば、ひも靴でもかまいません。でも、小さなお子さんの脱ぎ履きを考えると、マジックテープのものがおすすめです。」

 

子どもの靴選び、購入時期にも注意!

ところで、子どもの靴選びをする上で、ほかに注意すべきことはあるのでしょうか。

「気をつけたいのは購入するタイミング。子どもの足はすぐにサイズが変わってしまいます。まめにサイズチェックし、ちょうど良い靴を選んであげましょう。いただきものやおさがりの靴も注意が必要。子どもの足に合わせて選んだわけではないので、履かせる前にきちんとサイズの確認をしてください。」

なお、赤ちゃんの場合は短期間でどんどんサイズが変わるので、ファーストシューズはあまり早めに買わない方がいい、と玉島さん。

「いよいよ公園デビューかな?という直前にサイズを測って購入するようにしましょう。かわいいものを見つけると、ついつい先に買ってしまいたくなります。でも、いざ履かせようと思ったら小さかった、ということもあるので気をつけてくださいね。」

それなら、大きめの靴を買っておけば心配ないのでしょうか?

「足先に余裕を持たせることは大切ですが、大きすぎる靴を履かせるのは良くありません。中で足が滑って、指がつま先に当たり変形することがありますし、なにより歩きにくいので良くないですね。」

 

健康な足を育てるために

成長とともに、どんどんサイズが変わる子どもの足。どのくらいの頻度で足のサイズを測ればいいのでしょうか。

「3、4カ月に1度は測定するようにしてください。じつは子どもの足は、春から秋にかけてぐんと成長するんですよ。1カ月で4mmから1cmくらい、成長の早い子で2週間に7mmも伸びたケースも。その時期は測定の頻度を増やし、毎月サイズを測ってあげてください。」

また、玉島さんは補足情報として、健康な足づくりにハイハイが重要なことも教えてくれました。

「健康な足の成長には赤ちゃん時期の『ハイハイ』が重要な役割を果たしています。とくに、つま先をよく使う『高バイ』では指先が鍛えられるので、立って歩くようになったときにバランスを崩しにくくなるんです。しっかりハイハイをさせて、歩き始めたら正しい靴選びで足の成長をサポートしてあげてくださいね。」

ぴったり合った靴を履くと、子どもたちも思い切り歩いたり走ったりできます。健康な足の成長のために、きちんと足に合った靴を選んであげたいですね!

(執筆:宝水 幸代)

 

お話を聞いたのは…

玉島麻理さん
足について正しい知識を得、正しい靴の選び方や履き方などを知ることでトラブルのない足を育てることを理念として、全国で足育アドバイザーを養成している特定非営利活動法人日本足育プロジェクト協会の代表を務める傍ら、子ども専門の足育&フットケアを行い毎月0歳から6歳までの足育クラスを開講中の「足育サロンTa・Ta・Ta」を開催。

 

【いこーよのおすすめ記事】

子供とお出かけ情報「いこーよ」

2016年秋に行きたい!東京都内のコスモス畑の名所5選

東京都で親子におすすめのハロウィンイベント7選【2016】

連休は豪快に遊ぼう!関東のおすすめ大型アスレチック10選

【関連記事】

%e3%83%a1%e3%83%87%e3%83%a9%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

【神奈川・横浜】親子におすすめハロウィンイベント【2016】

群馬・千葉・埼玉のおすすめハロウィンイベント7選【2016】

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

月齢バナー001

 

【PICK UP! Sponsored 記事】

※ 実は、妊活する前に知っておくべき!「葉酸のヒミツ」大特集

お出かけシーズン到来!0歳児ベビーママの神アイテムとは

家庭崩壊の危機!? 知るのも怖いママのストレス事情…

冬の乾燥も悩まない!思わず触れたくなる「プレミアム肌」になろう

itmama_babyskin_banner

LINEで送る