児童ポルノ被害者数が過去最多に…「性の商品化」からどう守る?

shutterstock_13456285
source:http://www.shutterstock.com/

昨今、子どもの性の商品化が社会問題になっています。

子どもの性の商品化とは、児童ポルノなどの犯罪、また、女子高校生に男性向けのサービスを行わせる“JKビジネス”や“援助交際”などのことを言います。

「もし自分の子どもが児童ポルノの被害に遭ったら……」と思うと、ぞっとしますよね。

子どもを児童ポルノなどの被害に遭わないようするには? そして、将来的に援助交際や売春などに巻き込ませないようにするには?

今日は、コミュニケーションライターの筆者が、子どもの性の商品化の実態と、子どもを性犯罪の被害に遭わないためにできる対策と親子のコミュニケーションについてお伝えします。

1
黄本恵子
3万人を超える人の悩みを解決するコーチ&カウンセラーとして活躍。 2010年、その経験を活かしてコミュニケーション心理スキルを紹介する、コミュニケーションライターとして独立。一般社団法人日本聴き方協会認定シニアインストラクター・認定シニアカウンセラー。RIRA認定ルーシーダットンインストラクター。

 

LINEで送る