【野菜ソムリエの旬ごはん #03】10月15日はキノコの日!たっぷり味わうレシピ3つ

Photo by Author
Photo by Author
出典: It Mama(イットママ)

10月15日は”きのこの日”ってご存知でしたか?

1995年に日本特用林産振興会により制定され、この15日前後はさまざまなイベントなどが催されます。

みなさんもおうちで「今日はキノコの日だよ~!」と、家族でキノコを楽しむのもいいですね。

今回は、そんなキノコのアレンジレシピを、離乳食~幼児食期までご紹介します。

 

1
藤田 光樹
ママ野菜ソムリエライター。独身時代に、野菜ソムリエの資格を取得。野菜ソムリエ歴・約10年。今までに、高級スーパー青果売り場・農園・ハーブ園などに勤務し、生産から販売まで、幅広く経験。現在は、2人の姉妹のママをしながら、野菜と食、子どもや暮らしに関する記事を中心に、野菜ソムリエWEBライターとして活動。忙しいママでも、野菜をおいしく楽しく取り入れられるレシピや暮らしのヒント、簡単に、親子で野菜を育てる楽しみ方などを提案しています。また、バナナソムリエとしても、レシピ開発や魅力を発信中。趣味の家庭菜園は、10年以上。埼玉で、薪ストーブを活用した木質バイオマスエネルギーによるロハスな暮らしを実践中。

 

キノコの旬は秋!豊富な栄養素でママにも嬉しい

一年を通して、シメジやなめこなど、数種類のキノコがスーパーに並んでいますが、旬は秋。そう、まさに今がキノコの旬なのです。

通年出回っているものは室内栽培されているもので、今の時期だけ出回るものは天然のものになります。

秋の味覚の代表格のマツタケをはじめ、天然のシイタケやしめじ、ヒラタケ、マイタケなどおなじみのキノコのほか、あまり見かけない種類も見かけることができます。

キノコといえば、低カロリーでヘルシー、お料理の風味を良くしてくれる名脇役、といったイメージですが、この時期はせっかくですから思いっきり味わいたいですよね。

 

キノコは、整腸作用に効果的な食物繊維、骨を強くしたり、アンチエイジングやインフルエンザ予防に効果的なビタミンDのほか、ナトリウム・マグネシウム・リンなどのミネラル類も豊富に含まれています。

また、妊婦さんに大切な葉酸が含まれているのも嬉しいですね。

30分程度干すことで、ビタミンDがアップするので、キノコは干して利用するのがおススメですよ。

 

LINEで送る