最近話題の「マタ垢」って知ってる?マタニティライフを最大限に楽しむための活用術

shutterstock_467760404
source:http://www.shutterstock.com/

Mixiに始まり、FacebookやInstagram、LINEにTwitter。

今や、それぞれのSNS毎にアカウントを持っている方が圧倒的に多くなりました。

SNSによっては自身の本名や写真を載せるので、つながる人たちもリアルなものになります。

しかし、時にはリアルの垣根を飛び越えて、自分と同じ境遇の人や考えの人とゆる~くつながりをもったり、リアルな人には知られずにひっそりとつぶやきたい時だってあるものです。

実は妊婦さんの間ではマタニティアカウント、通称「マタ垢」を設定して、同じ境遇の妊婦さんと楽しむ機会をもっている方も増えているそうで、なかにはマタニティ用の別アカウントを取得して本アカウントではつぶやけなかった内容を大声で叫んでいる方もいるようです(笑)

そこで今回は、“マタ垢を持つメリット”と“マタ垢実用編”をご紹介します。

1
青木 かおり
2歳の女の子と、7歳の男の子のママ。子育てをしていく中で、キャンプ、ハイキング、釣り、自然教室、家庭菜園など自然の中で子どもと一緒に遊ぶ事が大好きに。体を創る「食」の事や、心を育む「体験する・感じる」事など幅広く興味を持ち、子育てに臨んでいる。

 

妊婦さんがマタ垢を持つメリット

(1)同じマタニティ仲間と交流を持てて、情報も入手できる!

自分と同じタイミングでリアル友達が妊娠しているとも限りません。

出産経験のあるリアル友達も、子育てや仕事で忙しい日々を送って、時間の経過とともに段々とマタニティ期の記憶が薄れていきます。

そして、その時とは違う育児情報が主流になったりするので、やっぱり旬の情報を入手するためには、マタ垢プレママさんとSNSで交流を図るのはとても有効なんですね。

 

(2)マタニティライフを気ままにつぶやける!

たとえば、本アカウントでつながっているリアル友達のなかに妊娠に対して悩んでいる方がいたら、何気ない自分のマタニティライフをつぶやくのって気が引けませんか?

しかし、その時の自分の記録として残るので、やっぱりつぶやきたい! という時には、別アカウントのマタ垢を設定して、そこで大いに叫んでみてはいかがでしょうか。

 

(3)リアルではつぶやけない内容もつぶやいて、ストレス発散!

マタニティライフは、つわりや身体の変化に苦しんだり、出産に向けた不安にさいなまれたりと、いつも元気でいられるわけではありません。

本アカウントでのつぶやきが、いつも全て前向きな方は、そんな自分をさらけ出すのに抵抗を覚えてしまいますよね。

自分のイメージを壊さないため、別アカウントで吐き出せるのもメリットだと思います。

LINEで送る