赤ちゃんがかわいく見えなくなった…心がくたびれてしまった時のマインド・リセット法4つ

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

両親に義両親、夫までみんな赤ちゃんを見てニコニコしている中、自分ひとり取り残されたように感じる……そんな経験はありますでしょうか。

実際、母親として一生懸命かわいがろうとするのに、「赤ちゃんをかわいく思えない」という思いを抱いたことのある方は、少なくないと思います。

今回は4児の母でありご機嫌妻アドバイザーである筆者が、ママが「赤ちゃんに愛情を感じない」原因と、そんなときのマインドリセット法をご紹介します。

1
mica
アメリカと日本で産まれた四人の子と共にシンガポール在住。罪悪感だらけの子育てから自然体でこどもと接することが出来るようになった自身の経験を活かし、子育てアドバイザーの資格を取得。趣味はブログ更新!

 

 

赤ちゃんをかわいいと思えない原因

・産後の体調が回復していない

妊娠中の身体は、たっぷり10ヶ月かけて段々と出産する準備をします。

骨盤はゆるゆるだし、ホルモンも産前と産後ではがらりと様相を変え、身体は天変地異の変化に対応するのに必死な状況です。

そう考えると、産後すぐに産前の体に戻らないのは当然のこと。

ご自分の身体がガタガタなのに、赤ちゃんに母親として立派に愛情を注げというのは、ストレスになってしまう場合もあります。

 

・社会からのプレッシャー

芸能人ママが「子どもを置いて旅行へ行った」「彼氏とデートした」などとやっかみがかった非難が盛り上がる日本社会。

その中で母になるということは、相当なプレッシャーを背負うことになると言えるでしょう。

“いつでも子ども優先の、愛情深い母であれ”というプレッシャーをまだ新米の頃から背負うのは、明らかに荷が重過ぎます。

そんな重いプレッシャーを与えていくる赤ちゃんがかわいく思えないのも、無理もないのかもしれません。

 

・自分自身への愛情不足

自分自身をおろそかにして、赤ちゃんのお世話、他の家族のこと、周りからの評価などを優先してはいませんでしょうか。

赤ちゃんは黙っていてもお世話される存在ですが、もう大人であるママはそうではありません。

産後の自分を大切にするには、周りに頼り、甘える必要があります。

でもそれは、自分に厳しく、マジメな人ほど、苦手とするところですよね。

無理するあまりに自分の中の愛情タンクが空っぽになり、分け与える分が無い状態かもしれません。

 

「赤ちゃんをかわいく思えない…」その苦しみこそが、愛情そのもの

ママにとって赤ちゃんがどうでもいい存在だったら、その悩みは生まれてこないはずです。

なぜなんだろう、と悩み苦しむその思いこそが、赤ちゃんを大事に思っている、何よりの証拠。今は少し疲れているだけです。

お腹の中で大きくなった赤ちゃんは、無条件にママが大好きなはずです。

赤ちゃんからの愛情を信じられないくらい疲れてしまうより、赤ちゃんのせっかくのかわいい盛りを満喫するためにできることをするほうが、自分にとってもいいですよ。

LINEで送る