【2人目子育てバイブル #6】上の子の「赤ちゃん返り」どう向き合うべき?~年の差1-2歳編~

source:http://www.shutterstock.com/

2人目の子どもが欲しいけど、妊娠、出産、育児を考えると悩ましい……。2児のママでもある筆者がお送りする連載『2人目子育てバイブル』。妊娠中の母体ケアをお届けした第5回に続き、上の子の“赤ちゃん返り”についてお伝えします。

1
佐藤 理香
ベネッセなど教育業界で10年の勤務を経て、株式会社子育て研究所代表取締役に就任。「子どもを地域で育てる」を目標に、学びを通じて地域のつながりを生みだしている。ビジネスコンテストで複数の受賞歴がある。

 

2人目の子どもを授かると、早ければ妊娠中から上の子の“赤ちゃん返り”がはじまります。赤ちゃん返りは、文字どおり赤ちゃんのようにおっぱいを欲しがったり、オムツに戻ったり、親を困らせる行動が増えたりなど様々。一般的には、“親の関心をひきたいがための甘える行動”をさします。

赤ちゃん返りの対策では、よく「上の子を優先して」と言われます。ただ、「優先しても変わらない」「何でも優先するわけにもいかない」などと悩むママが多いのも現実です。これには、上の子との年齢差も関係しています。

今回は「年の差1-2歳」にフォーカスし、先輩ママの経験談をもとに、年齢差によってどううまく乗り切ったのか、学んできいましょう。

 

上の子の様子

年齢差1~2歳だと、上の子はまだ1歳、2歳という時期です。兄姉になったという自覚はあまりなく、まだまだ手がかかります。

機嫌が悪い場合は、かんだり叩いたりと感情をストレートに出すことも。力加減がわからない場合が多いので、赤ちゃんと2人だけにしないように注意が必要です。

LINEで送る