イヤイヤの次は…!3歳の反抗期に対するママの「省エネ対処法」3つ

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

なんだか最近わが子とぶつかることが多い……? と認識したら、もしかして今、まさに“反抗期”の真っ只中にいるのかもしれません。

“反抗期”は名の通り、彼らの目的はただひとつ、反抗することのみ! まともに相手していたら、体がいくつあっても足りないほど、クタクタに疲れてしまいます。

今回は子育てアドバイザーの資格を持つ筆者が、「反抗期ママの省エネ対処法」をお伝えします!

1
mica
夫・姑・4人の子と共にシンガポール在住のご機嫌妻アドバイザー。著者ブログにて、記事の裏話を更新しています!執筆依頼はブログよりどうぞ。

 

同じ土俵でエネルギーのぶつかり合い!?

「さっき分かったって言ったでしょう!」などと理屈で子どもを責めているようなとき、ママは目の前の小さな子どもと全く同じ土俵に乗っています。

土俵の上でママと子どもは、互いに反対向きに、同じエネルギーでぶつかりあっています。昔学校で習った、“作用反作用の法則”を憶えていますか? まさにそれと同じことです。

これでは疲れて当然です。しかも最後は、親が勝つか(親が征服する)、子が勝つか(子のいいなりになる)、という、どちらか一方にとって納得のいかない決着になってしまいます。

ご自分で「しまった、同じ土俵に乗ってしまった」と自覚したら、以下の方法を試してみて下さい。

 

LINEで送る