絶叫寸前…!乳頭を噛まれて痛くならないための授乳のコツ4つ

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

赤ちゃんが産まれて直後に体験する、“授乳中のおっぱいの痛さ”はママなら誰もが知っているのではないでしょうか。

毎日の育児が大変すぎてそんなことも忘れかけてきた頃に、再びその痛みが到来するのが赤ちゃんの歯が生えてくる頃……しかも、新生児の時よりも明らかにアゴの力が強くなっているので、痛みも倍増!

そんな歯が生えた頃の“乳頭の痛み”に悩むママのために、今日はその対処法をお伝えします。

yuno

■上の歯で半泣き、下も生えると絶叫!

歯が生えてくる時期というのはかなり個人差があります。早い子は3ヶ月くらい、遅い子は7ヶ月頃になっても生えないという話を聞きます。

上の歯から生えてくることが多いかと思いますが、筆者の場合は「なんか最近授乳中おっぱいが痛いな」という感覚から、歯が生えてきたことに気付きました。

歯がちょこんと生えてきた姿はとても可愛い! がしかし、上の歯がどんどん生えてくると乳頭の痛みは増す一方で、さらに下の歯が生えてきてからは、食いちぎられそうな痛みで、授乳が毎回恐怖に……。

つかまり立ちを始めるようになってからは、立つことが楽しくなるようで、授乳中にも立つんです。

おっぱいをくわえたまま、立ったり、座ったりで、その度に絶叫。

じっとして飲んでくれたら少しは痛みも少なくなるんでしょうけど、それもなかなか難しいんですよね。

 

LINEで送る