【2人目子育てバイブル #5】妊娠中の「母体ケア」のコツ~体重・妊娠線・腰痛編~

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

2人目の子どもが欲しいと思っても、妊娠、出産、育児を考えると悩ましい……。2児のママでもある筆者がお送りする連載『2人目子育てバイブル』。母体ケアのコツ「つわり編」をお伝えした第4回に続き、今回は体重・妊娠線・腰痛編をお届けします。

1

佐藤 理香
ベネッセなど教育業界で10年の勤務を経て、株式会社子育て研究所代表取締役に就任。「子どもを地域で育てる」を目標に、学びを通じて地域のつながりを生みだしている。ビジネスコンテストで複数の受賞歴がある。

 

「もうすぐ出産ですね、って言われた。まだ6カ月なのに……」

こんな風に、2人目妊娠中は、1人目よりも体重が増加しやすいママが多いようです。

かくいう筆者もそうでした。

妊娠中は体重増加に関連して、妊娠線、腰痛を予防することも大切な母体ケアになります。

 

トラブルの原因は無理と油断!?

体重の急激な増加、妊娠線や腰痛の発生は無理することと油断が関連しています。

妊娠中でも上の子から抱っこをせがまれたり、世話をしたりとゆっくりはできません。

1人目の時は安静にできたのに、2人目ではどうしても無理してしまうのです。

「油断なんかしてないよ!」と思うママもいるかもしれませんが、初産と比べると情報量も経験も格段に増えているはずです。

「このくらいは食べてもOK」「2人目で子宮口は開きやすいから分娩時間短いかな」「あのママがあれだけ動いて安産だったから私も大丈夫」と無意識に行動していることがあります。

LINEで送る