【ゴローパパの泣き笑い育児】#06 2歳児、パリピになる!

bonodori
photo by author
出典: It Mama(イットママ)

自身の不妊治療奮闘記を綴った『俺たち妊活部』の著者で、妻の壮絶な産後ウツを経験した村橋ゴローが、わが子(愛称グラ太)の育児に日々奮闘し、パパとなっていく育児連載シリーズ『ゴローパパの泣き笑い育児』をお届けします。

前回は「お食い初め」と「お宮参り」にまつわる問題についてお届けしましたが、今回は“グラ太、パリピ(party people)になる”です。

 

◆◇ゴロー一家のプロフィール◇◆

goro_profile

■グラ太、盆踊りにドハマリする

IMG_8578
photo by author
出典: It Mama(イットママ)

親になったらやってみたいこと、というのは誰にでもあるだろう。僕にとってのそのひとつが、息子と夏の盆踊りに行くことだった。

蒸し暑い闇夜に怪しく光る提灯の数々、一夜にして出現したやぐらを中心に人々が踊る非日常、和太鼓とカネがヴァイヴスを揺らす、ジャパニーズ・オールド・フェス。

僕が子どものころから大好きな盆踊りを、ぜひ息子と体験したかったのだ。

そうはいっても、グラ太はまだ2歳。連れて行ったところでビビリな性格の彼は、太鼓の轟音に「こわい~」といつものように及び腰になるだろう。そう高をくくって近所の盆踊りに出かけたところ、これが……ハマった。

初めて見たはずの盆踊りだったが、グラ太は踊りの輪に自ら入ると、見よう見真似で踊り始めた。また、ある偶然が、彼の“盆踊り好き”に拍車をかけた。保育園でグラ太が好きなアイちゃんがたまたま盆踊りの輪にいて、アイちゃんの後ろをずっと追いかけるように踊るグラ太。

 

「新しい体験」×「好きな人」=∞のドキドキ

 

小中学生にとって盆踊りとは恋の発展場になるよう、やはり祭りに恋は欠かせないのである。これをきっかけに、グラ太による怒涛の盆踊りサマーが始まったのである。

 

LINEで送る