予防と治療では食事が違う!インフルエンザ流行前に摂りたい「食事メニュー」って?

shutterstock_272517560
source:http://www.shutterstock.com/

これからの季節、インフルエンザを始めとする感染症が増えてきます。最近ではRSウイルスという呼吸器の感染症も流行る兆しがあり、症状も軽い風邪のようなものから重篤な肺炎のようなものまでさまざまです。

特に子どもやお年寄りでは身体の抵抗力が弱い傾向にあり、感染症にかかりやすく重症化しやすいので注意が必要です。

こういった感染症は食事で予防することも可能です。そこで今回は管理栄養士の筆者が、食べものから身体の免疫力を向上させて、感染症を寄せ付けない身体づくりのポイントをご紹介したいと思います。

1
圓尾 和紀
管理栄養士。ファスティングマイスター。大学、海外、大学院で七年間栄養学を学ぶ。病院勤務を経て「予防医療に貢献したい」と思い、独立。現在は「和食」と「ファスティング」を取り入れた生活の提案を行う。

 

■免疫力の要は「腸」にあり

身体の免疫力は白血球をはじめとする免疫細胞が担っています。そして、これらの免疫細胞の多くが腸管に集まっており、腸内環境が良好な状態にあると働きが良くなることが知られています。

腸内環境と食は密接な関係があり、普段の食生活で腸内環境もがらりと変わってしまいます。では、どんな食事が腸にとって良いのでしょうか。

 

LINEで送る