「離乳食期」も悩まない!食べない赤ちゃんへ試してほしいこと2つ

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

離乳食をはりきって作っても、ほとんど食べてくれずにガッカリした経験って誰しもあるのではないでしょうか?

子どもの栄養が足りているのかも不安になるし、無理矢理食べさせようとすればギャン泣きで、一向に食べる気配なし……。

こんな毎日では子どもの健康が心配! そんなママにぜひ伝えたいことがあります。

食べさせるコツなんて必要ない、今日から始められる離乳食に対する考え方やポイントを伝授します。

1
Yuno
ヨガ・アーユルヴェーダ・おむつなし育児アドバイザーの分野で活動。自身のスタジオWindhillを2015年港区白金台に設立し子連れのママヨガやマタニティヨガは大きな反響を集めています。また2015年に第一子を出産。自然な生活・自然な育児をモットーに、妊婦さんや産後のママのサポートに励んでおります。定期的に親子写真・マタニティフォトの撮影会を開催。最近ではカジュアルにオシャレなウエディングができる“古民家ウエディング”の企画を立ち上げました。1泊2日の滞在型で家族の絆を深める場を提供します。

 

みんなが母子手帳や育児書通りに成長するわけじゃない

「さあ生後半年になったからご飯を食べようね」と一斉に全員の赤ちゃんが上手く食べてくれるものでしょうか?

現実はそうでないこと、多くのママはご存知かと思います。赤ちゃんにもそれぞれ個性がありますから、それは仕方ないことですよね。

筆者の娘は1歳を過ぎてようやく食べ始めましたよ。意外と周囲にもたくさんそんな子がいます。

それまでは完全母乳で、本当に母乳しか胃の中にない状態でしたが、幸い充分な体重があり、健康そのものでした。

明らかにガリガリだったり、様子がおかしい場合には、必ず病院や自治体の保健所などで相談すべきかもしれません、ただ必ずしも「〇歳になったら〇〇しなきゃ」ということはないと思います。

LINEで送る