【世田谷区で保活始めました】#03 早生まれ・12月生まれは不利って本当?

shutterstock_461714509
source:http://www.shutterstock.com/

2015年夏、年末に出産を控えた私は、待機児童数で全国ワースト1の東京都世田谷区で保活をスタートしました。

妊娠安定期に入るとすぐ、区役所の生活支援課で応募要項を入手し、さっそく保育園の見学予約を開始しました。

産後3ヶ月で仕事に復帰予定だったため、何としても翌年4月には入園させる必要があったのです。しかしながら、

まさかベビーの生まれ月が保活の明暗をわけるとは思ってもみませんでした……。

前回に引き続き、保活の教訓をご紹介していきます。

新・juju

 

■教訓6:早生まれは不利って本当?

結論から言うと、早生まれの保活が不利というのは事実です。0歳児の受け入れをしている認可保育園では、どんなに早くても生後57日以降のベビーしか受け入れてはくれません。労働基準法で産後8週間(56日間)以内の女性を就業させてはならないと定められているからです。

2016年度の4月入園のケースでは、2月5日以降に生まれたベビーはまず申し込みができません。待機児童の多い都市部では0歳児4月入園を逃すと、途中入園はまずあり得ませんから、翌年の1歳4月入園を目指すしかないのです。

しかし1歳4月入園もまた厳しいのです。1歳児の定員は0歳児にくらべやや多いものの、0歳児の多くがそのまま進級し、さらには育休明けママのベビーたちも参戦してきます。

早生まれベビーの場合、初年度は認可保育園をあきらめ、認証や認可外の0歳児途中入園を狙うのもひとつの手かと思います。

費用は高額になりますが、認可保育園の結果が決まった後の4~6月ごろは、認証や認可外でまれに0歳児枠でも空きが出る場合もあります。実際に先輩ママや先輩パパからは、まず認可外の施設に預けて1歳や2歳で認可保育園に転園できたという話もよく聞きます。

12月生まれのベビーの場合、生後57日はひとまずクリア。しかしながら、もうひとつ大きな落とし穴があったのです。それは応募書類の提出期限です。

 

LINEで送る