【東京巻き込み育児 #04】育児ストレスで暴走し「モラハラ妻」と化す…!?

source:http://www.shutterstock.com/

太陽の国・カリフォルニアから一転、予期せぬ“東京生活”。

サンタモニカと違い、ママにとって苦しい“東京の子育て環境”の中、周囲を巻き込むことで4人の子どもを育てた私の経験からお届けする【東京巻き込み育児】。

さて、アメリカから東京へ根を下ろしたのは、長女は2歳、次女は1歳になりたての頃でした。

小さな年子姉妹×働き盛りで不在がちの夫×完ぺき主義(無自覚)の妻×世知辛い東京マンション事情=絵に描いたような、ストレスフルな育児生活……。

今思うと当時の生活は、“穏やかな幸せ”とは天と地ほども離れた、針のむしろのような状況でありました。ちょっと暗くなるかもしれませんが、今回はそんな、“私の暗黒時代”をご紹介したいと思います。

1

mica
夫・姑・4人の子と共にシンガポール在住のご機嫌妻アドバイザー。著者ブログにて、記事の裏話を更新しています!執筆依頼はブログよりどうぞ。

 

胸の内に罪悪感が巣食った「暗黒時代」の私

「子育てと家事を完璧にこなしたい。こなさなければならない。こなすべきと期待されているに違いない。」

これは日本人女性が陥りがちなカンチガイだと思います。しかも、そのほとんどがやっかいなことに、無自覚です。そして実際には“完璧”を目指すなど、どんな人間でも到底無理というもの。そして完璧を期待しているのは他者ではなく、他ならぬ自分自身なのです。

こういうママは往々にして、罪悪感でいっぱいになります。完璧になれない自分を、自分で責め始めるからです。完全なる独り相撲ですが、これもよくある話と思います。

 

LINEで送る