母乳のための指圧のポイント、知ってる?

shutterstock_136177931
source:http://www.shutterstock.com/

近年、母乳育児をする人が増えてきています。厚生労働省の調査では、生後3ヶ月では10年前が39.6%だったのに対し、今は53.7%です。

その授乳においてママが困っていることとして一番多いのが「母乳が足りているかわからない」というこことです。

母乳は、ミルクと違って毎回目で見て量りませんから、どれだけ飲んでいるか、母乳がちゃんと出ているのか、わかりませんよね。

そこで今日は母乳にまつわるお悩みと指圧を利用した対処法についてお伝えします。

1
airi
ミスユニバースジャパン日本大会に出場し、3位入賞後、2007年に国際結婚。結婚と同時期に指圧の専門学校に入学し、在学中に妊娠出産。按摩マッサージ指圧師の国家資格取得後は、自身の妊娠経験や子育て経験、からだについての知識をもとに、女性の健康美のために指圧を通して指導している。KIDS SHIATSUというママが子に行う子育てに役立つ指圧を考案し、広める活動も行っている。現在、4児の母。

 

それ、差し乳かも!?

一般的に、母乳は時間が経つと溜まって胸が張ると思われがちですが、実はそうでないこともあります。

“差し乳”といって、時間が経っても張った感じはなく、赤ちゃんが吸うと母乳が出始めることがあります。よって、赤ちゃんが母乳を欲しがって沢山飲んでくれることが大切です。

本当に飲めているのかどうかは、赤ちゃんの体重や成長によって見たほうがいいですね。

 

LINEで送る