【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#63 人に迷惑をかけない子に育ってほしいのですが

63_banner

「1人でできる子になる『テキトー母さん流』子育てのコツ」の著者の立石美津子が、ママ達の育児の素朴な疑問に応えるQ&A連載、【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】をお伝えします。

1
立石 美津子
専門家ライター。32歳で学習塾を起業。現在は保育園、幼稚園で指導しながら執筆・講演活動に奔走。自らは自閉症児の子育て中。著書に『一人でできる子が育つ「テキトーかあさん」のすすめ』『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』『〈マンガとQ&Aで楽しくわかる〉1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』

 

第62回は「つい世話をやき過ぎてしまいます」の疑問にお応えしましたが、第63回のテーマはこちら。

 テキトーQ&A

 

 

「人に迷惑をかけない」は他人目線

ママに、「どんな風にお子さんが育ってほしいですか?」と質問すると、“人に迷惑をかけない子”“どこへ出しても恥ずかしくない子”などの答えが返ってくることがあります。

“他人に迷惑をかけないように育てる”ということをポリシーに挙げています。

でも、これらって、裏を返せば軸が他人にある“他人目線”ですよね。他人からどう評価されるかが最優先のように聞こえます。

子どもは、自己中心的でわがままで人に迷惑をかけながら生きていくものです。

この本質を無視して親の方針が過度になると、子どもが生きづらくなることがあるんですよ。

 

針が振れると生きづらくなる

耳に心地よい、まっとうな方針も別の見方をすると将来、こんな大人に育ってしまうかもしれません。

・人に迷惑をかけない子……困ったときに人に助けを求められない人

・どこへ出しても恥ずかしくない子……自分が他人からどう見られるかを最優先する人

・我慢ができる子、弱音を吐かない子……「辛い、苦しい」と本心を言えない人

・わがままを言わない子……自己主張しない人、他人の批判を気にして自分の意見を言わない人

乳幼児期にだけスポットライトを当てると一見いい子に見えることも、人の一生として長いスパンでとらえた場合、それが弱点になってしまうこともあります。

これに縛られてしまい、生きづらさを抱えることになるかもしれません。

何でも自分1人の力でやり遂げるように育てられた子どもは“人に頼ることは恥ずかしい”と思うようになります。

また、これらを強く刷り込まれた場合、自分に対してだけではなく他人に対して厳しくなることもあります。

自分にはそれがどうしてもできないため、他人に甘えられる人を許せなくなったり、泣き言を言って途中であきらめる人を認めることができなかったり……そうなると、他人との人間関係もギクシャクしてしまいますよね。

 

63
(C)あべゆみこ

もし、子どもがいじめられていたら

子ども社会の中では、ときにいじめが起こります。

もし、友達からいじめられたときすぐに先生に言いつけに行ったり、親にいじめられていることを訴えることができる子の場合は、周りの大人もそのSOSで気づくことができます。

子どもの間でも「あいつに言うと大人にちくられる」となり、その後もいじめのターゲットになり続けることは少なくなるとも言われています。

けれども、親から“他人に頼ることや弱音を吐くことは悪いこと”とインプットされすぎている場合は自分で抱え込み、親にも相談できず悩み、苦しむことがあります。

そうなると「あいつにやっても他言しない」と思われいじめがエスカレートしてしまいます。

訴えられない子どもの中には、幼い頃から“我慢すること、弱音を吐かないことは美徳である”と教えられ「いじめを受けている自分をさらけだすことは恥ずかしいことだ」「親を落胆させてはならない、心配をかけてはならない」と極端に思い込んでしまい、親にも先生にも言えずにいます。

 

大切なのはさじ加減

我慢しなくてもいい、すぐに泣き言を言ってもいい、と言っているわけではありません。

あまりにも強くそれを押しつけない“さじ加減”が大事なのです。

・我慢できなかったら泣く

・努力しても、頑張っても、結果が伴わないことを悟る

・できなかったら誰かの助けを借りる

こんな体験が精神的な強さを育てることになるのではないでしょうか。

良い方針も過度になるとかえって子どもを苦しめることになることを頭の片隅に入れておきましょうね。

(立石美津子)

 

【関連記事】

※ 【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#62 つい世話をやき過ぎてしまいます。

【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#60 つい高望みをしてしまいます

※ 【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#59 絵本の感想を聞いてもまともな答えが返ってきません

※ 【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#58 育児書などに書かれている平均値が気になって仕方がありません

※ 【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#57 注意しても耳から耳へ抜けている感じです

【PICK UP! Sponsored 記事】

※ 赤ちゃんを遊ばせてあげよう!夢中で遊んでくれる神アイテム

髪トラブルの救世主!寒い時期に使いたい「奇跡の漢方」って?

※ 時短なのに美肌クレンジング?1週間お試しで「毛穴つるん」を体験♪

※ お悩み授乳中ママ必見♪誰でも簡単に作れる粉ミルク!

trustwater

※ 『〈マンガとQ&Aで楽しくわかる〉1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』

テキトー漫画

※ 『一人でできる子が育つ「テキトーかあさん」のすすめ』

普通の画質

【著者略歴】

※ 立石美津子・・・専門家ライター。32歳で学習塾を起業。現在は保育園、幼稚園で指導しながら執筆・講演活動に奔走。自らは自閉症児の子育て中。著書に『一人でできる子が育つ「テキトーかあさん」のすすめ』『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』『読み書き算数ができる子にするために親がやってはいけない104のこと』『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』『「はずれ先生」にあたった時に読む本』『〈マンガとQ&Aで楽しくわかる〉1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』

LINEで送る