【東京巻き込み育児 #03】とうとう東京へ引っ越し…!「マンション社会」の洗礼

太陽の国・カリフォルニアから一転、予期せぬ“東京生活”。

サンタモニカと違い、ママにとって苦しい“東京の子育て環境”の中、周囲を巻き込むことで4人の子どもを育てた私の経験からお届けする【東京巻き込み育児】。

姑との関係性の苦悩をお伝えした前回。今回は、「とうとう東京へ引っ越し! マンション社会の洗礼編」をお届けします。

 

■夫の巧妙な「心理作戦」で骨抜きにされた私

さて、新居を決めるにあたり、私の意見はひとつも通らなかったことを、まずは明記しておきます。はい、たったの一つも、です。

しかしながら、ただでさえ東京移住に反対して“ガルルルル”と唸る私を伴い、夫は巧妙に、そして見事、穏便にコトを運び、移住に成功したのでした。そんな夫の手口は以下の通りです。

(1)世田谷区の一等地にある新築マンション

まず一番最初に、世田谷区の一等地にある新築マンションを内覧。きれいにコーディネートされた部屋を見て、思わずフワっとしてしまう。近隣の公立小学校は評判がよく、わざわざ子どものために越して来る人もいるという説明に、またもやフワっとしてしまう。

(2)目黒区の中古マンション

フワっとした心を胸に抱え、目黒区の中古マンションへ。 中古なので、新築より広いところに、フワっとする。しかし、ここは賃貸ではなく中古販売だった。「買えるの?」と問う私に、「買えなくも無い」と夫の返答。フワっ。(肯定も否定もしていないところにご注目下さい)

(3)静かな環境の中古マンション

このとき既に、すっかり牙を抜かれ、フワフワした私を連れ、大きな公園が徒歩圏内の、静かな環境の中古マンションへ。天井低い、日当たり悪い、部屋狭い、台所狭い住まいに驚愕し、フワっとした気持ちはみるみるぺしゃんこに。

 

その後私の両親を交え、報告・検討の会合を開く。そこで「広いところがいい、あんな狭いところは嫌だ」と単なる駄々っ子のように主張する私に対し、夫と両親がタッグを組み向き合う形に。

そこで夫と両親チームは、駄々っ子私チーム(1人)に向かって、あらゆる現実的要素を目の前にずらりと並べ、(3)の選択肢が妥当だということをまざまざと見せ付ける。ぐうの音も出ず、打ちのめされる駄々っ子の私。フワっとした気持ち? そんなものあったっけ……。

そんなこんなで、まずはキラキラした東京生活をちらつかされ、まんまと骨抜きになっていた私は、簡単に陥落してしまったのです。結果、私達は(3)のマンションに住むことになりました。

 

LINEで送る