【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#57 注意しても耳から耳へ抜けている感じです

「1人でできる子になる『テキトー母さん流』子育てのコツ」の著者の立石美津子が、ママ達の育児の素朴な疑問に応えるQ&A連載、【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】をお伝えします。

第56回は『食事をよく残してしまうのですが…』の疑問にお応えしましたが、第57回のテーマはこちら。

テキトーQ&A

 

■「ながら族」とは?

音楽を聴きながら勉強する、お菓子を食べながら宿題をする、テレビやスマホを見ながらご飯を食べるなど、“○○しながら”別の作業をすることがあります。

そして、何か他の事をしながらでないと集中できない人のことを、“ながら族”と呼びます。

(C)あべゆみこ
(C)あべゆみこ

音楽が気になって勉強が手につかなかったり、お菓子を食べることに気が散ってしまい宿題が進まなかったら、“○○しながら△△する”というのは良くないですよね。

けれども、これは決して悪い習慣ではありません。人によってはかえって集中できて効率が良いこともあります。

家で机に向かって仕事をするよりも、喫茶店で周りの人の声を聞きながらパソコンに向かったり、電車内で読書したほうが頭に入ったりします。

小学校の校庭によく飾ってある銅像の二宮金次郎も、薪を背負う仕事をしながら読書に没頭していますよね。

“ながら族”は、自分に合ったやり方で効果的に作業をしている、とも言えるのです。

LINEで送る