ちょっと目を離したスキに…!先輩ママが教える「走っていってしまう子ども」の迷子対策

秋のお出かけシーズン到来で、イベントや遊園地などへ遊びに行く予定を立てている方も多いと思いますが、楽しい予定を立てる時に一緒に考えて欲しいのが、“子どもの迷子対策”です。

3歳くらいになると運動量が増えてきて走ることが楽しくなり、お出かけするとママの手を振り払ってとんでいってしまう子もいますよね。

「たかが迷子」と思われるかもしれませんが、1度はぐれるとなかなか見つけられずにヒヤヒヤすることもあります。

なかには事故に巻き込まれたり、連れ去り事件につながったケースもあるので、侮ってはいけません。

そこで今回は、どんなシチュエーションで迷子になるか、先輩ママが実践した迷子対策をご紹介します。

新・青木かおり

 

■どんな迷子のタイプがある?よくある迷子のシチュエーション3つ

特に4歳までの子どもは、自分が興味をひかれてしまうと、その事しか考えられなくなる性質が強いです。

大人と一緒に歩いていても、気になったものがあったら関心が一点に集中してしまうことや、「一人でできる」という“冒険心”が、迷子につながりやすいのです。

(1)子どもか大人、どちらかが先に行ってしまう

紹介したように、子どもが大人の手を振り払ってどこかへ走って行ってしまう、というのはよくありますよね。

大人か子どもどちらかが、ほんの少し違う物に気をつられている隙に、もう一方が先に行ってしまったりすることで迷子になってしまうのです。

大人は常に子どもを意識している必要があります。

 

(2)「ここでちょっと待ってて」と子どもを1人にさせる

ちょっとした用を済ませるのに、自分1人で行動した方が早いと判断して、「ここでちょっと待ってて」と子どもだけで待たせておく場合もあります。

大人にしたらすぐの時間でも、子どもは「なかなか戻ってこない」と不安になり、ママやパパを探しに行って迷子になってしまうこともあります。

 

(3)1人でトイレに行かせたら戻ってこない……。

視界の範囲にあるトイレだし、子どもも「1人で行ける」と言っているからと1人で行かせたら、戻ってこれなくなることも。

サービスエリアなどのトイレは人の流れも多いので特に注意が必要で、人が多く集まる場所ではたとえ近場だったとしてもトイレは必ず一緒に行きましょう。

LINEで送る