夜も痒くて眠れない!妊娠中に発症しやすい「むずむず足症候群」の対策8つ

脚が我慢できないほどむずむずする、脚がかゆくて眠れない……こんな経験ありませんか?

もしかすると、特に妊婦さんが悩んでいるかもしれません。

実はこれ、筆者は中学生から悩んでいました! 自分だけ感じるものだと信じていたので誰にも話したこともありませんでしたが、学生の時は机にじっと座っていられないほど、脚がむずむずしてどうしようもありませんでした。

そして2015年に妊娠し、ここで久しぶりに“毎日のむずむず”に悩まされました。

だから、こんな経験をしている女性や特に妊婦さんに伝えたい「これ、実は病気の一種みたいですよ」

今日はその謎の病気と、対処法についてお伝えします。

yuno

 

■実は病気!? 「むずむず脚症候群」とは

「症候群って……これ病気だったの?」と筆者は妊娠中に知り驚きました!

そもそも、むずむず脚症候群というのは名前の通り、ふくらはぎあたりがむずむず痒くて眠れない・脚の中で虫が這っているよう……というような症状。

経験したことない方はピンとこないかと思いますが、これが想像以上に辛いんです!

原因として1番に考えられるのは遺伝。45歳以前に発症する人の約30%は、家族の中にも発症者がいるという研究結果があるそうです。

また、鉄分不足でも発症する可能性があるそう。「あ、だから妊娠中にひどく症状が出たんだ!」と後で気付きました。

妊娠中は鉄分不足になりやすいですよね。筆者もずっと貧血だったので、病院で鉄剤を処方されていました。

これまでにこの症状を経験したことがなかった方も、妊娠中だけ発症することもあるようですよ。妊娠後期はただでさえ眠りが浅くなってくるのに、このむずむず感によってなかなか寝付けません。

睡眠不足はお腹の赤ちゃんにとっても良くないので、何とか眠れる方法を見つけたいものですよね。

LINEで送る