産後クライシスに「夫婦関係の改善を考える」のはNG!? 離婚を回避するために必要なことって?

source:http://www.shutterstock.com/

赤ちゃんが産まれたら、夫と仲良く子育てするものだと思っていたのに、現実は気が利かない夫にイライラさせられっぱなし……。

夫婦仲に思いもよらなかった亀裂が入り、産後クライシスを迎えることは、誰にでも起こりえます。

では、そのまま離婚を迎えてしまう夫婦と、そうでない夫婦は何が違うのでしょうか?

今回は、心理学博士である筆者が、産後クライシスを乗り切るためのコツについてお話していきます。

山本ユキコ

 

■長く続くカップルは、会話の割合が1:5

夫婦関係の研究の第一人者、ワシントン大学のジョン・ゴッドマン博士は、夫婦の会話を分析し、その結果、長く続くカップルは、パートナーへの「否定的な会話」と「肯定的な会話」の割合が1:5で、別れてしまうカップルの会話は、1:1程度であったことを明らかにしました。

つまり、パートナーに対して、思わず否定的なことを言ってしまうことがあったとしても、日頃、その5倍あたたかい会話があれば大丈夫であることが分かったのです。

もし、夫にどうしてもダメ出ししたいのであれば、5つの肯定的な言葉を心がけるようにすると、いいかもしれません。

でも、こんな調査があるからといっても、夫婦関係の危機に、肯定的な会話や感謝、ほめることをしなくてはいけないのかと思うと、正直憂鬱になってしまいますよね。

そういう時は、どうすれば良いのでしょうか?

 

■産後クライシスの原因は本当に夫婦関係にあるの?

筆者も産後クライシスをしっかり体験したので、よく分かります。

夫との会話がなくなり、いらだちのために、結婚指輪を投げつけたり、ドアを蹴って穴をあけたりしました。夫は、さぞ恐ろしかったことでしょう。

実は筆者は、産後クライシスの原因は夫婦関係ではないと考えています。

児童虐待と同じく、問題の核は、ママが孤独に、高いストレスにさらされていることなのではないでしょうか。

LINEで送る