話せば分かる!? イヤイヤ期と向き合う「親子の対話」のコツ

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

赤ちゃんだったわが子とやっと言葉が通じるようになった! という喜びもつかの間。

獲得した言語を駆使して、激しく自己主張を始めるのが“イヤイヤ期”。

筆者の長女も自己主張が激しく、幾度も心乱されながら「待って、話せば分かるから……」と思ったものです。

今回はご機嫌妻アドバイザーであり4児の母である筆者が、イヤイヤ期の子どもと対話するコツをご紹介します。

mica-PF

■怒鳴りの相手はではなく、人間同士の対話

イヤイヤ期の子と親のやりとりは、“勝ち負け”になりがちです。

親が無理やり子どもを服従させるのは親の勝ち。子どものわがままに親が屈するのは、子どもの勝ちです。

勝ち負けではなく、親子で対話を持ち、双方が納得するゴールを目指す為にはどうすればいいのでしょうか?

■まずは欲求を認めて、対話を持とう

子どもの欲求は時と場所と場合全ておかまいなしです。

「今じゃなくても」「ここじゃなくても」「後でもいいじゃない!」という言葉を、大人としてはつい言いたくなります。

そこをぐっと飲み込んで、「そうか、コレがやりたいんだね」「それが、すっごく欲しいんだぁ」という風に、言葉に出して認めてみてください。

受け止めてもらえたことで、子どもはまず一段階落ち着きます。

また、言葉でうまく表現できない子には、大人が言って聞かせることで、表現方法を教えられる効果があります。

それから子どもは泣き声や怒声ではなく、「そうだよ、コレがやりたいんだよ」と、無言で、もしくは言葉で同意してくるでしょう。

双方が同意する。ここが人間同士の対話の、スタート地点です。

 

LINEで送る