イヤイヤ期が終わったら来る!3歳児の「第一次反抗期の対処法」女の子編

shutterstock_398719483
source:http://www.shutterstock.com/

2歳くらいから始まる“イヤイヤ期”、3歳くらいから大きく反抗することが目立つ“第一次反抗期”。

子育て中のママなら、よく聞く言葉かもしれません。この時期の子どもたちへの対応の大変さと深刻さ……

筆者も3姉妹を子育てし、保育士経験や「3歳児のお片づけ教育活動」で3歳のお子さんとかかわることが非常に多いので、よくわかります。

後から考えると懐かしい思い出に変わりますが、実際リアルに向き合っているママたちは必死ですよね。

今日は、「第一次反抗期の女の子の対処法」について詳しくお話ししたいと思います。

伊東

■第一次反抗期の特徴とは?

2歳~3歳くらいから始まる反抗期で、「イヤイヤ~」と言ってたと思ったら……「見て見て!」、「自分でやりたかった!」、「ママがやって!」など、お話しができるようになった分、いろんな言葉で激しく自己主張してきます。

そして、その反抗は忙しいタイミングや疲れている時に限って大きく表現してくるように感じてしまうのが特徴です。

 

■反抗する子どもの気持ち

親としては、「なんでこのタイミングに? んも~!」と叫びたくなりますが、子どもなりに意図があります。

例えば、下に妹や弟がいる場合

「今は私を見てほしいの! 今なの!」

「妹や弟ばかりずるい」

「本当は自分でできるけど、できないフリをしたら優しく手伝ってくれるかも」

「なんで一番楽しいときに片づけないといけないの!」

「バカとか、汚い言葉を使ってみたかった……」

など、自分の意志と自分のペースを押し通そうと子どもも必死。

こういう時は、丁寧に対応してもダメなことが多く、正論を伝えてもダメなんです。

機嫌をうかがいながら「〇〇する?」「おやつ食べる?」これらも通用しないことが多いのです。

 

LINEで送る