【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#53 ガツンと厳しくいっても言うことを聞いてくれないのですが…

(C)あべゆみこ
(C)あべゆみこ

「1人でできる子になる『テキトー母さん流』子育てのコツ」の著者の立石美津子が、ママ達の育児の素朴な疑問に応えるQ&A連載、【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】をお伝えします。

第52回は『怒ると叱るの違いがよくわからないのですが?』の疑問にお応えしましたが、第53回のテーマはこちら。

テキトーQ&A

 

■子どもの反感を買っていませんか?

突然ですが質問です。

駅の公衆トイレを使ったとき、次のうち、どの貼り紙だと「きれいに使おう」と思いますか?

(1)汚く使うな

(2)汚さないでください

(3)きれいに使ってください

(4)いつも綺麗に使ってくださってありがとうございます

 

(1)「汚く使うな」

まだ、用を足す前から「汚く使うな!」と命令され……。

更に「きっとこの人は汚く使うだろう」と疑いをもたれているようで、なんだかとっても気分が悪いです。

 

(2)「汚さないでください」

「汚さないでください」は「汚く使うな!」よりも丁寧な言い方ですが、やっぱり疑われているニュアンスが感じられますね。

しかも、「汚く」とか「汚さないで」の言葉が印象に残ってしまいます。

「転ばないように」と言われるよりも「真っすぐ歩こうね」、「牛乳を零さないように運びなさい」と言われるよりも「牛乳を上手に運んでね」、「失敗しないように」と言われるよりも「成功しよう」と言われたほうが、すんなり行動できます。

たとえば受験のときも「不合格にならないように頑張る」と自分に言い聞かせてしまうと“不合格”というフレーズに頭が支配されてしまいます。

それよりも「合格できるように頑張ろう」としたほうが、夢のキャンパスライフが描けて力を発揮できるのです。

LINEで送る