もうドキドキ!おしるし、破水…出産はどんな兆候から始まるの?

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

臨月に入った妊婦さんは、いつ陣痛が始まるのか、毎朝ドキドキすることだと思います。

筆者は早く生まれる予感がしていたので、2ヶ月間ほど緊張していましたが、結果、予定日になっても兆候はなし……初産は遅れるとよく言われていますが、初めての経験ですから、実際にはかなり焦ってしまうものです。

きっとそんな女性もたくさんいらっしゃるかと思いますので、今日は出産の始まり方についてと、筆者が経験した、赤ちゃんの珍しい生まれ方についてご紹介します。

yuno

 

■おしるし、破水…出産はどんな兆候から始まるの?

TVを見ていると、「うう、お腹痛い!あなた、タクシー呼んで!」というような、“今、まさに始まるよ!”とママが感じられるように描かれていますよね。

しかし、急に破水したという方以外は、意外と陣痛にも気付かないケースも多いようです。

しかも、陣痛が10分間隔にならないと、病院には行けません。

では、出産はどのような兆候からスタートする人が多いのでしょうか?

たまごクラブの「出産・新生児大百科」によると、300人の先輩ママのアンケートにより、“おしるしがあった”という人が47%います。

つまり、約半分の人が、おしるしがあってから陣痛が始まるという順番ということです。

ただし、おしるしの後にすぐに陣痛がくるとは限らないようです。

長い人はそこから1週間かかったというケースもあるそうなので、あまり焦る必要はなく、「もうすぐか~」とリラックスして陣痛を待ちましょう。

また、よく聞く“破水”というのは、通常、子宮口が全開になる頃に起こることです。

しかし、何らかの原因でその前に破水してしまうことを“前期破水”と言いますが、同じアンケートで“前期破水した”という人は全体の28%という結果が出ています。

全体で見ると、“おしるし”から出産がスタートするケースが多いということです。

ですが、おしるしに気付かない方もわりと多いんです。

個人差もありますが、本当にちょっとショーツにピンク系の色のものが付くだけの方、トイレやお風呂に入る時で気付かなかった方もいます。

臨月になったら、意識してショーツを確認してみてくださいね。

LINEで送る