【ゴローパパの泣き笑い育児】#03 猛烈な嫉妬に狂う「男おばさん」

2197
photo by author

自身の不妊治療奮闘記を綴った『俺たち妊活部』の著者で、妻の壮絶な産後ウツを経験した村橋ゴローが、わが子(愛称グラ太)の育児に日々奮闘し、パパとなっていく育児連載シリーズ『ゴローパパの泣き笑い育児』をお届けします。

前回はグラ太を見事に泣きませることに成功したわが家の救世主、おくるみ“新巻鮭スタイル”についてをお届けしましたが、第3回は“男おばさんの嫉妬”についてです!

 

◆◇ゴロー一家のプロフィール◇◆

goro_profile
Illustrated by It Mama

 

■嫉妬の炎がメラメラ

1907
photo by author

あれは生後7ヶ月、グラ太がハイハイをし始めたころだろうか。それから1歳を過ぎるころまでの約8ヶ月ほど、僕はある重い病にかかっていた。それは嫉妬という病気だ。

よくパパ目線での育児でいわれるのが、「子どもができて、奥さんを取られた」という、子どもへの嫉妬がある。「俺の愛する妻を横取りしやがって~」というやつだ。

 

しかし僕の場合は、まったく逆だった。「愛するグラ太を奥さんに取られてしまう」という嫉妬。例えば奥さんが留守の間、グラ太と遊んでいたとしよう。すると奥さんが帰ってきた瞬間、グラタは玄関にタッタッタッと向かい「ママ~~」。その瞬間である。

 

「俺のグラ太を奪りやがって! この泥棒ネコ!!」

 

冗談でも何でもなくて、マジでこう思う瞬間がずっと続いたのだ。グラ太が生まれるずっと前から、りえちゃんにはこう言われ続けてきたのを思い出す。

「あなたはホント、極端。愛情も過多すぎるんだから」

それがグラ太にも出たのだろう。

それはそうなのだろうが、その原因を探るとまだ本当の親になりきれてない一面が関係していたとも思う。

LINEで送る