人気海外ドラマ「SATC」でも使われていた妊活用語って?【東京インターママライフ #01】

shutterstock_98726291
source:http://www.shutterstock.com/

世界屈指の大都市、東京に住んでいると、主婦であっても街中などで外国人とコミュニケーションをとる機会も少なくなく、英語が必要な場面がいくつも出てきます。

東京に住んでいなくても、突然の転勤などで海外暮らしとなることもあり、すでに英語ができる人にとってもママになると突然必要になってくる専門用語や知識が沢山あります。

今回は、都内屈指のインターナショナルコミュニティで、1男2女の妊娠、出産、子育てをしてきた著者による“リアル東京インターママライフ”第1回目をお送りします。

実は知らないことだらけの英語「子育て: parenting (ペアレンティング)」用語の中でも“妊活”に関する言葉や異文化エピソードをご紹介します。

小泉

 

■英語の子育て用語って何?

まず、日本語でよく使う「子育て」という言葉ですが、英語直訳は「child-rearing (チャイルド・リアリング)」となり、子どもが成人になれば終わりという意味では同じです。

ですが、英語でより一般的に使われるのは、”親業”という意味になる「parenting(ペアレンティング)」の方になり、「parent(ペアレント):親」という言葉からできているように、“親としてどうあるべきか”という意味合いがあります。

独身時代までは全く無縁だった子育て用語ですが、日本語でも英語でも同じで、妊活を始める頃から色々と必要となってくるものです。

著者自身がそうであったように「parenting world(ペアレンティング・ワールド):子育ての世界」に一歩足を踏み入れるということは、たとえ留学、海外勤務経験があって英語堪能であっても、知らない英単語は多いです。

LINEで送る