季節の変化で急激に乾燥!? 忙しママに知ってほしい「時短肌改善」のコツ

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

まだ日中は暑い日もありますが、少しずつ秋らしくなってきましたね。

秋冬というと、乾燥肌が気になる季節ですが、もうそろそろ対策はされていますか?

夏の日焼けの影響が出るのも、冬に向けて乾燥が気になり始めるのも、季節の変わり目である秋からです。

今回は、エステティシャンの筆者が、“乾燥肌対策”についてご説明いたします。

山田みき

 

■なぜ「乾燥肌」になるの?

人間の肌は、皮脂や水分で作られる“皮脂膜”、皮膚内で生成される“天然保湿因子(NMF)”、細胞内で作られる“セラミド”などでできています。

外部刺激を受けない、衝撃を和らげるなど、危険から身を守っています。

しかし、乾燥肌になってしまうと、湿疹や赤みなどアトピーのような症状、しわなどのエイジングの症状が出ることがあります。

外部刺激に弱い肌を作っている原因を自ら作らないためにも、原因はしっかり頭に入れておきましょう。

 

(1)過度なスキンケア

手入れをしすぎることで肌が擦れていて、小さな傷や角質層が薄くなっている可能性があります。

 

(2)食生活

ダイエットをしているからと、脂質を摂らない、糖質を避けるなど、偏った食事をしていると“乾燥肌”だけでなく“老化肌”に……!?

 

(3)生活習慣

入浴しない、運動不足、睡眠不足などの不規則な生活やストレスは、体の代謝を下げます。

代謝が下がると、肌のターンオーバーが適格に行われなくなり、肌トラブルが起こりかねません。

 

(4)間違ったコスメ

秋なのに、夏向けの化粧品を使ったり、自分には合わない化粧品を使うと、肌の乾燥を招くことがあります。

 

(5)温度や気温の変化

季節の変わり目は、肌環境も変わります。

肌が季節の変化に慣れず、乾燥肌になりやすいです。

 

(6)紫外線

夏の紫外線で火傷に近い状態になった肌は、秋から乾燥し始めます。

LINEで送る