松岡修造みたいに張り切る人、転ぶ人。「運動会パパあるある」7選

shutterstock_425113279
source:http://www.shutterstock.com/

今月から来月にかけて、お子さんの運動会があるという保育園や幼稚園のママ達の声をよく耳にします。

保育園や幼稚園に普段顔をあまり出さないパパも、運動会には参加するという方は多いのではないでしょうか。

そんなパパたちですが、運動会ならではのおもしろい行動やあるあるについて、筆者が見たり、聞いたりしたお話をご紹介していきます。

三尾 幸司

 

■「運動会あるある」7選~パパ編~

(1)前の日から事前に練習するパパ

保育園や幼稚園の運動会では、親子で一緒にやる競技や保護者のみの競技があったりします。

出場してカッコ悪いとこを見せたくないんでしょうね。

前の日にママに見られないようにこっそり練習したり、仕事の合間にちょっと体を動かしたりしてるパパって結構いるみたいです。

 

(2)本気になりすぎるパパ

子ども相手に真剣になったり、大人の力を全力で発揮するパパがたまにいます。

以前、二人三脚を子どもとやってるパパを見ていたのですが、子どもとの意気が合わず、何回も転んでました。

進めなくてもどかしくなったのか、転んで立ち上がった瞬間に、子どもをガバッとかついで、他の子たちをごぼう抜きしてました。

ちょっとムキになるくらいなら可愛らしいものですが、見ていたママは少し恥ずかしそうでした。

 

(3)開始何時間も前から場所取りをするパパ

いい場所で子どもを撮影したいからということで、運動会の場所取りをするために、朝早くから並んでいるパパも多いですね。

やっぱり子どもが活躍してるところをちゃんとカメラやビデオで撮影したいからなんでしょう。

なかにはママに場所取っててと言われ、場所だけとって帰っていく子どもに関心のないパパもいましたが……。

 

LINEで送る