あなたは本当に言ってない?急増中の「モラハラ妻」にありがちなNG言動5連発

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

言葉や態度で精神的苦痛を与える「モラル・ハラスメント」。

モラハラ夫、なんて言葉がささやかれるようになってずいぶん時間が経ちましたが、最近では「モラハラ妻」が増えてきたのだそうです。

モラハラは、病気の原因になったり、夫を帰宅恐怖症にさせたり、離婚に発展することも珍しくありません。

結婚生活が長いと、ものの言い方や態度も雑になってくるものですが、それが行き過ぎて、モラハラ妻にならないよう気をつけたいものですね。

今日は、コミュニケーションライターの筆者が、モラハラ妻の特徴とモラハラ妻にならないために気をつけたいことについてお伝えします。

黄本恵子

 

■あなたはやってない?よくあるモラハラ妻の言動6つ

(1)「そんなことも分からないの?」とバカにした発言をする

夫が知らないことや、できないことを鼻で笑ったり、「男のくせにこんなこともできないの?」と言ったり、バカにする態度や発言をしていませんか?

何気なく言っていることかもしれませんが、男性は女性に知らないことやできないことを指摘されると、「自分は無能」と言われているようで、深く傷つくものです。

 

(2)「あなたは間違っている」夫の考えややり方をすべて否定する

自分のやり方や価値観を大事にしすぎて、「あなたのやり方はおかしいわよ」「あなたの考え方は間違っているわ」など、頭ごなしに言って夫のことを全否定していませんか?

相手の価値観を全否定することは、相手のそれまでの生き方をも否定することに繋がります。

それに、否定ばかりされると、人は腹が立ちますし、気の優しい人なら、「もうこの人にはなにを言っても受け入れてもらえないから、なにも話さないでおこう」「黙っておこう」という思考になります。

人は、聴かない人には話さないのです。

 

(3)「あなたのせい」全部夫のせいにする

ケンカの原因、家計のこと、子どもの成績……果ては「私が幸せな人生を歩めないのは、あなたのせい」なんて、すべて夫のせいにしてしまっていませんか?

こんなことを言われ続けると、夫は自信をどんどんなくしていきます。

また、人のせいにするという行為は、甘えの象徴でもありますし、自分の弱さを露呈しているようなものだということを覚えておきましょう。

LINEで送る