おしゃべりにどう答えてる?「赤ちゃんの発達別」コミュニケーション法教えます!

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

最初は泣いたり、ねんねしているだけだった赤ちゃんが、「アー」「ウー」なんて声を出し始めると、まるでママに話しかけているようで、やり取りが面白くなってきますよね。

でも、そんな赤ちゃんからのメッセージにどう答えてあげたらいいのか、初めての赤ちゃんとの生活では戸惑うこともあります。

筆者も1人目のときは、赤ちゃんと1対1で、どうしゃべりかけたらいいのか、よく分かりませんでした。

今回は歯科医ママである筆者が、“赤ちゃんの言葉の発達とママのできること”についてお伝えします。

進藤ゆきこ

 

■赤ちゃんの言葉はどうやって発達するの?

歯科医院で赤ちゃんの診察をしているときは、無言で行うことはありません。

歯科治療は主に言葉でのやりとりによって行うため、赤ちゃんの言葉の発達は歯科医師にとっても重要です。

わが子が1番最初に発する声は何だと思いますか? そう、「産声」ですよね。産声のあと、赤ちゃんの言葉はどのように発達していくのでしょうか。

 

(1)喃語(なんご)が出始める時期

生後3~4ヶ月になると、ママが話しかけると「アー」「ウー」のような声を出し始める赤ちゃんもいます。これを「喃語」といいます。

喃語は意味のない音声ですが、これが発達することによって“話し言葉”になります。

 

(2)いろいろな声が出て、組み合わせができる時期

生後6ヶ月を過ぎると、声を出して大人の注意を引こうとしたりします。

大きな声を出したり、赤ちゃんが声の出し方を変化させることで、ママに合図を送っているようです。

「抱っこしてほしいのね」「あのオモチャで遊びたいのね」などと答えてあげると、赤ちゃんもやり取りを覚えていきます。

 

(3)言葉の意味を理解し始める時期

生後10~11ヶ月頃になると、「マンマ」「パパ」などと最初の片言を話すようになります。

ママやパパの声を真似しようとして、喃語が言葉に近い複雑な音になってきます。

ゆっくり、具体的にモノを指さしながら話してあげるといいですね。

 

(4)1語文から言葉が出始める時期

1歳~1歳6ヶ月は1語文の時期で、「ワンワン」など意味のある簡単な単語をいう時期です。

ただし、言葉の発達は、個人差が大きいものです。

他の人が話すことは大体理解できるのですが、自分で話せる言葉はまだ少ないもの。

例えば、車を指して「アー」と言ったら、「そうだね、ブーブーだね、走るの早いね」などと言葉を分かりやすく返してあげましょう。

家族との繰り返しのやりとりで、子どもは少しずつ言葉を覚えていき、親子や兄弟の絆も深まります。

LINEで送る