【東京巻き込み育児 #01】転居前から超ブルー!育児環境の厳しい「東京引越し」編

source:http://www.shutterstock.com/

太陽の国・カリフォルニア。ビーチが眩しいサンタモニカ。子連れに優しいアメリカで、年子姉妹を積んだ車をのびの走らせて育児をしていた私に、夫はある日こう切り出しました。

「日本に引っ越す。東京で、自分で会社をやろうと思う。」と……。

 

賢く心優しい妻なら、「そう……なんとなく、そんな気がしていたわ。あなたならきっと出来ると思う。がんばって!」などとキレイにカールした髪をふわりと揺らして微笑みながら、新たなチャレンジへ奮い立つ夫の背中を押し、全面サポート体勢に回ることと思います(後光も差しているかもしれません)。

しかし、私がその時言い放ったのは、「やだよ、そんなの! 引っ越したくない!」と言う、だだっ子のような言葉でありました。

色々な事情がありましたが、とにかくわが家はアメリカ生活を引き払い、東京へ引っ越す事となりました。私はサンタモニカの素晴らしい育児環境を、夫はサラリーマンとしての立場を捨て、全てが一変したのです。夫の鶴の一声により……。

 

 

そんな突然の“東京生活”。家事に育児にてんやわんや! サンタモニカと違い、ママにとって苦しい“東京の子育て環境”の中、周囲を巻き込むことで4人の子どもを育てた私の経験から、【東京巻き込み育児】をお届けします。

 

■プロローグ:東京への引越しに尻込みしていた理由

・狭小な住宅事情

東京に移った際、まだ20代だった私たち夫婦は、年齢相応の収入状況でありました。しかしながら同じ収入でも、アメリカではかなり広い住宅を借りる事ができます。天井は高く、ベッドルームもリビングルームもまあまあ広く、冷蔵庫や大きなオーブンなどの電化製品がついている物件も多くありました。

一方で東京と言ったら、猫の額のような住宅事情。

猫の額とかウサギ小屋とか色々言い方はありますが、とにかく狭い。天井も低い、膝が壁に突き当たりそうなトイレ、隣との近すぎる距離。さらに家具や電化製品はついていないのがほとんど……そのようなあらゆる要素が、私の心を鬱々とさせました。

 

・親戚付き合い

夫が帰国を決意した大きな理由のひとつに、義父、つまり“夫の父の死”がありました。夫は一人っ子。ということは、姑は、日本でたった一人になることになります。傷心の母親を放っておいて海外にいることは、息子としては心苦しかったのでしょう。わが夫ながら、いい人です。

しかし、その妻である私はといえば、「それはそうだろうけど、でも……」と繰り返し、事態を先延ばしにしたい一心でした。

その昔、結婚前の家族同士の顔合わせ、姑の「娘が出来て嬉しい、美術館に一緒に行ったりしたい」という心温まる言葉に、ゾワワワワと鳥肌が立つ思いだった、馬鹿者の嫁は私です。

現在、姑とは完全に同居している状況ですが、そこに到達するまでには、実際かなりの紆余曲折がありました。

そんな風に、夫のたった一人の母親である姑を筆頭に、両親も含め、遠くにいるのがほどよい距離感、面倒が少なくていいわと、私は完全にいい気になっていたのです。ですのでここに来て突然距離が縮まることに、馬鹿者かつ駄々っ子との私としては、戸惑い怖じ気づいて当然なのでした。

こう書いてみると、もういい年だったのに、全く恥ずかしい事ですね……。唯一いいところがあるとすれば、“正直なところ”です。(よね?)

 

LINEで送る