綺麗なお腹をキープしたい…くっきり黒ずみ「正中線」対策クリームとは?

shutterstock_131910767

最近、筆者の周りでは初出産や第2子出産ラッシュで、ママ友と会うたびに「あら、あなたも妊娠中なのね!」と、話題はとにかく妊娠中の“マイナートラブル”の話でもちきり。

特に美意識の高いママの間で「絶対に作りたくない!」と言われているのが皆様ご存知のあの“妊娠線”です。

皆必死に口コミなどで良いとされる妊娠線対策クリームを塗って予防しているそうですが、正中線はどうしても出来てしまうとか……。

今回は、そんな妊娠中・産後に悩むママが多い「くっきり正中線ケアにオススメしたい人気アイテム」をご紹介します!

新里百合子PF

■「妊娠線と正中線」何が違うの?

ところで皆さんは、「妊娠線と正中線の違い」は分かりますか?

“妊娠線”は、妊娠して増大するお腹や二の腕、お尻、太ももなどの皮膚が引っ張られ、皮下組織が断裂することが原因で起こるあのイヤ~な跡。認知度も高いですよね。

いっぽう“正中線”とは、おへそを通って身体を縦に走っている茶色っぽい線・黒ずみのこと

ヒトの身体が成長する過程で出てくるものなので、本来は誰にでもお腹にあるものなのですが、黒ずむのは、妊娠によって増えるプロゲステロンやエストロゲンなどの女性ホルモンにメラニン色素を増やす作用があるために、目立ってくる現象なんだそう。

妊娠中、乳首や外陰部が黒ずむのと同じ理由です。

ファイブテイルズ

筆者自身は妊娠中、正中線に沿ってなぜか毛深くなり「もしかして正中線…?」と思ったこともありました。

やはり、お腹に黒っぽく目立つ線が1本あるのは非常に不安でしたね。

また多くのママはこの正中線にも妊娠線用のボディクームを使用しますが、妊娠線クリームの原因は皮膚の断裂、正中線の原因はメラニン色素なので、皮膚を柔らかくする妊娠線用のクリームでは正中線をケアすることはできないんです!

 

■妊娠線クリームでは消えない!? 正しい「正中線ケア」とは

正中線は黒く、くっきりとできるため目立ちやすく、できてしまうと「なかなか消えづらい」という声が多いものです。

アプローチの違うケアを一生懸命していて、産後も跡が残ってしまった……なんてことになったら悲しいですよね!

そこで提案したいのが、正中線のケアがきちんとできるクリーム「メイドバイマム」です! お腹にできるくっきりとした黒い“正中線専用の対策クリーム”として開発された優れものなんです。

_OM28541oks

「メイドバイマム」は厚生労働省より認可された黒ずみケアに効果的な医薬部外品のクリームで

(1)メラニンの生成を抑え身体のシミを防ぐ

(2)肌荒れ、あれ性の改善

(3)お肌を保湿し、引き締める(妊娠線にも使える)

などの嬉しい効果が期待できます。

身体にできたシミやくすみを抑えるトラネキサム酸をはじめ、4つの天然由来の植物成分、お肌ダメージにアプローチするヒアルロン酸やダイズエキスなどの8つの厳選された潤い成分も配合。

さらに無添加にもこだわっていて、妊娠中のママも使える安心の品質です。

20151006oh04034

国内工場で生産されているところも大きな安心感に繋がります。

しかも、正中線だけでなく乳首やビキニラインなど、メラニンが原因の黒ずみがある箇所全身に使えるのも嬉しいポイントです。

しかも、長時間効果が持続するので何度も塗りなおす必要がなく、朝と晩に1回ずつ塗るだけでいいので、とってもお手軽なんですよ♪

 

いかがでしたか?

妊娠中、おへその上下にくっきりとできてしまう黒ずんだ線。

せっかくのマタニティ期間をハッピーに過ごすためにも、適切なアプローチ方法を選んで、綺麗なお肌をキープしましょう!

【参考】

※ 顧客満足度97.3%!正中線の専用ケアクリーム「メイドバイマㇺ」を試してみる♪

※ 個人の感想であり感じ方には個人差があります。

Sponsored by ファイブテイルズ

LINEで送る