【元園長先生の☆保育園あるある】#3 お友だちと食べると嫌いなものも食べられちゃう!

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

ママが普段みることのない園児達の日常、そして可愛い園児たちがみせてくれる“あるある行動”について、元保育園園長の筆者がシリーズ連載でお届けしています!

第二回は『保育園ではすぐに寝ちゃうから不思議! 「トントン」の効果って?』をお届けしましたが、今回の保育園あるあるは、“保育園のお昼ご飯あるある”についてです。

今回は、ママの悩みの種でもある“好き嫌い”についてお話していきたいと思います。

藤實 智子

 

■好き嫌いが出るのはなぜか

1歳を過ぎると完了食になり、食事のバリエーションも増えていきます。

子どものために腕によりをかけておいしいものを作っても、全く食べてくれないとショックですよね。

それまで食べていた野菜も、なぜか急に食べなくなったり、初めて食べるものを見ただけで嫌がったりと、成長の段階で変わる“好き嫌い”。

味覚の発達や、心の成長によって好き嫌いが出てくるのです。

LINEで送る