【妊婦さんの基礎知識連載】#11 妊娠後期 10ヶ月は「兆候」が来る!破水やおしるしのサインとは

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

妊娠10ヶ月(36週~39週)は、いよいよ出産の準備が整う時期です。

赤ちゃんの体重はおよそ3,000g、身長は50cm程度まで成長しています。

今回は助産師である筆者が、妊娠10ヶ月の状態についてご説明したいと思います。

城所

 

■妊娠後期、母体にはどんな変化がある?

(1)おりものや尿漏れが増える

妊娠10ヶ月に入ると、白っぽいおりものが増えてきます。大きくなった赤ちゃんがママの膀胱を圧迫するため、ちょっと腹圧がかかっても尿漏れが起こりやすくなります。

ただし、動くたびにチョロチョロと水っぽいものが出る場合や、明らかに生臭いようなにおいがする場合、“おりもの”だと思っていてもいつもよりもなんだか水っぽいと感じる時は、もしかしたら“破水”かもしれません。

自分で判断が付かない場合は、かかりつけの産院に連絡をして確認してもらいましょう。

破水をして時間が経ってしまうと、感染のリスクが高まるので注意が必要です。

 

(2)お腹が張りやすくなる

“前駆陣痛”が起こることがあります。

陣痛は60分に6回、つまり10分に1回程度で規則的にお腹が張ってくることをいいますが、規則的ではなくても頻繁にお腹が張ることが増えてきます。

回数や強さは不規則だけれど、今までよりも頻繁に張りを感じる時は“前駆陣痛”かもしれません。まずは焦らずに、痛みが整ってくるのを待ちましょう。

不規則といっても、10分以内の短い間隔で頻繁に張る場合は産院に連絡することをおすすめします。

 

(3)胃がスッキリする

赤ちゃんが下におりてくるので、苦しかった胃がスッキリすることがあります。

そのせいか、最後の1ヶ月で食欲が増すこともありますので、急激に体重が増えてしまわないように注意しましょう。

 

LINEで送る